大学生の仕送りはいくらが相場?5万・10万でも暮らせる?

大学生仕送り相場

大学生活は自由で楽しい反面、お金に悩まされる部分も大きいですよね?

大学生は、仕送りの金額次第ではアルバイトなども視野に入れておかなくてはいけません。
一人暮らしで暮らせなくなってしまうかもしれませんからね。

その意味では仕送りの金額で、一人暮らしや大学生活が変わってくると言っても過言ではないでしょう。
そこで今回は全国的な仕送りの相場や5万・10万などのケースで暮らしていけるのかどうかについてご紹介していきたいと思います。

全国的な相場はいくらなのか?

まず、相場を知ることによってある程度の金額は予想できますので、全国的な仕送りの相場について見ていきましょう。

近年の傾向としては70000円~90000円というのが相場となっており、減少傾向にあるとされています。

この傾向には、経済状況があまり良くないのも少なからず関係していると考えられますね。

5万円と10万円が相場

次に金額別のケースとして見ていきましょう。
だいたいが5万円もしくは10万円となっていますので、その2パターンです。

5万円の場合

5万円の場合には相場を下回っている状況ですから、アルバイトや奨学金を利用しなくてはならなくなるでしょう。

奨学金制度を受けられることを前提とするなら、それほどアルバイトに時間を割く必要はないかと思われます。
しかし、それでも生活していく中で食費の節約などをしていく必要は出てきますね。

その一例として大学生は一人暮らしの関係上、どうしても外食が多くなってしまいがちで、必然的に食費が生活費の中では多くを占める形になってしまいます。

逆に考えると自炊などで食費を抑えることができれば負担軽減へとつながります。
電気や水道などの無駄をなくすことも確かに重要ではありますが、まずは食費を減らすことから始めるといいでしょう。

こうすることで、奨学金や無理のないアルバイトで暮らしていくことは可能なはずです。

まとめますと

  • 外食などの食費を抑える必要がある
  • 奨学金を利用するなら、アルバイトは少なくてOK

10万円の場合

仕送りとして10万円もらえる場合には奨学金はあっても困りませんが、基本的にはアルバイトだけで十分だと思われます。

5万円の場合のように食費を減らす工夫をすれば、より安定した学生生活を送ることも可能ですね。

学生の本分は勉強でもあります。
あえてアルバイトをせずに、学業に専念もできますね!

アルバイトをしながら大学に通うのが一般的ではあるものの、学業に集中することで目標の達成を第一にするのも、この場合には選択肢に入れてもいいのではないでしょうか?

まとめますと

  • 奨学金はアルバイトをする場合、必要なし
  • 食費を抑えればより余裕が生まれ、やりたいことができる

奨学金について

さて、キーワードとして奨学金がいくつか出てきましたが、どのようなものかご存じですか?

「奨学金」という美しい言葉ですし、簡単に借りられるので借りる人が多いようですが、

奨学金=借金

であり、だいたいは第2種という利子がつくものです。

ごく一部の成績優秀者を除いて卒業後に返済していかないといけないお金です。
確かに取り立てなども厳しくなないので、安易に借りようと考えてしまいやすいのです。

  • 卒業して社会人になり、給料が低いにもかかわらず必ず返さなければならないこと
  • 利子があるので、借りた額よりも多く返さなければならないこと

これらのことがありますので、利用する場合は熟考して利用するようにしましょう。

ちなみに、返済が経済的に厳しい人は「一般猶予」と言われる返済期限猶予もあります。
返済が免除されるものではありませんが、家庭の状況に応じて猶予を設けてくれる制度です。
一応、覚えておいてくださいね。

大学生の仕送り

以上が大学生の仕送りとケース別の生活方法についてでした。

5万円だと生活習慣を含めた工夫が必要となるために大変ですが、それも大学生活の醍醐味の一つだと割り切っていく必要が出てきますね。

アルバイトは人生経験として必ず生きてくる事ですし、10万円もらえる状況であれば夢や目標への最短距離を走ることもできます。

このようにそれぞれの環境に応じた独自の生活を送るのも大学生活の特徴ですので、ぜひ学内に留まらない多くの経験を通じて、充実した学生生活を送ってくださいね!

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

 こちらもよく読まれています。

【貧乏な君へ】一人暮らし料理の激安食材・BEST10【しかも高栄養価】

2016.01.16

【一人暮らしにかかる費用】大学生の平均生活費・完全版

2015.12.07

大学生仕送り相場

ぜひヒトブロをフォローしてください