牛肉ダイエットは食べてもいいんだよ!私が徹底解説します!

牛肉ダイエット

ダイエット中に炭水化物と同じくらい避けたくなるのがお肉ですよね。
「ステーキに焼肉なんて絶対食べちゃダメ!」「食べていいのは鶏のささみだけ!」
なんて思っていませんか?

今回はそんなあなたに新常識、牛肉を食べて痩せる牛肉ダイエットをご紹介します。
お肉はダイエットにも美容にも必要だったんです!

 

牛肉のスゴイ美容効果

牛肉に含まれる代表的な成分は、お肌をキレイに保ってくれます。
ダイエットをするうえで、体や美容に良い成分を摂取することは必須項目となります。

[ビタミン、鉄、亜鉛]

・シミ・しわ・肌荒れ・肌の老化・肌のくすみ予防
・コラーゲン生成でみずみずしい肌・ハリのある肌を保つ

牛肉はこれらの成分が豊富に含まれており、美肌効果が抜群なんです!

牛肉はこの部位を選ぶべし

牛肉ダイエットで選ぶのは、脂身の少ない「もも」「ヒレ」です。
出来るならば合成飼料で育てられた牛ではなく、牧草飼育された牛肉が良いですね。

牛の赤身肉を摂ることが牛肉ダイエットのポイントなのです。

なぜ牛の赤身肉なの?

それは、以下の成分がダイエットに有効だからです。

たんぱく質

牛の赤身肉は、たんぱく質のかたまりです。
たんぱく質は私たちの体を構成していますし、主成分で重要な栄養素です。

たんぱく質を摂取することで代謝が上がり、じっとしていても消費カロリーが増え痩せやすくなるのです。

L-カルニチン

牛赤身肉には脂肪の燃焼を促す「L-カルニチン」が豊富に含まれています。
このL-カロニチンは、もともと私たちの体にある物質ですが、20代をピークに減少していきます。

L-カルニチンが減少すると、脂肪が燃えずどんどん体に脂肪がたまって、ぜい肉になっていきます。

30代を過ぎ、昔と同じ量を食べているはずなのに太ったというのは、このL-カロニチンも無関係ではなさそうですね。

間食予防にもなる!

甘いものを食べ過ぎてしまう原因というのは、実は肉をあまり食べていないことが原因かもしれないのです。

たんぱく質が不足すると、手っ取り早くエネルギーを摂取できる甘いものを無意識のうちに体が求めているのです。

しっかりお肉を食べてたんぱく質を摂る→腹持ちも良く甘い物を食べたい欲求が減る
ということなんですね。

牛肉ダイエットのやりかた

自分の手のひらサイズの牛赤身肉を、ステーキなど原型に近い形で一日一回、昼食か夕食に食べて下さい。
頻度としては、週2~3日で試してみましょう。

経済的にも余裕があり、もっと増やせるようなら週4~5日でやってみましょう。
火を入れ過ぎない方が消化吸収しやすいので、焼き過ぎには注意しましょうね。

基本的にお肉は消化されにくいので、消化を助ける野菜や薬味と一緒に食べるとより効果的です。

[消化促進効果のある薬味]

・大根おろし
・クレソン
・しょうが
・にんにく
・わさび

それと、お肉と一緒に適度に米を摂ることも重要です。

炭水化物が足りないとどうなる?

体がお肉で摂ったたんぱく質を燃やして、炭水化物分のエネルギーを作ってしまうのです。

そうすると、せっかくのたんぱく質が筋肉にならず脂肪を燃やせない、ということになりますので、少量のご飯は一緒に食べましょうね。

いかがでしたでしょうか?
お肉なので味付けのバリエーションに困りますが、私のおすすめは柚子胡椒です。

焼く時に使用するのではなく、お刺身のわさびのように、薬味として使ってみてください。
また違ったおいしさを楽しめますよ。

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


牛肉ダイエット

ぜひヒトブロをフォローしてください