ホワイトデーの由来と、女性がもらってうれしいお菓子4選

ホワイトデーの由来

バレンタインデーの由来はなんとなく知っている人も多いと思いますが、ホワイトデーの由来はご存じでしょうか?

日本独自に発達したホワイトデー文化はどこから生まれたのか、なぜバレンタインデーと呼ばれるようになったのか、興味深いホワイトデーの歴史を今回はご紹介します。

私が独断と偏見で選んだ、ホワイトデーにもらってうれしいお菓子も教えちゃいます!

ホワイトデーの由来

3月14日はバレンタイン司教の殉教から1ヶ月目の日であり、バレンタインデーに愛を誓った男女が改めて永遠を誓う日とされています。

海外でも「ポピーデー」「フラワーデー」などとして語り継がれていますが、欧米では日本のように男性が女性にお返しをするという日ではなく、ホワイトデーとは呼ばれていません。

近年、韓国や中国・アジア諸国には日本式ホワイトデー文化が広まりをみせていますが、まだ世界的浸透率は低いようです。

ちなみに中国語でホワイトデーは「白色情人節」、バレンタインデーは「情人節」と書くんですって。

そもそもホワイトデーという呼び方が日本発祥のもので、「全国飴菓子工業協同組合」がキャンディ販売促進の為に1980年3月14日に制定したといわれています。

最初は「キャンディの日」になるはずでしたが、「ホワイトは純潔を表しティーンの爽やかな恋愛にぴったり」ということでホワイトデーに決まったとか。

この他に、飴の材料である砂糖が白いことから「ホワイト」とつくようになったという説もあります。
しかしホワイトデー発祥説には諸説あり、どれが本当かははっきり分かりません。

もらってうれしいお菓子4選

箱入りチョコレート

きれいな箱に宝石のように並べられたチョコレートって食べるのがもったいないですよね。
結局食べるんですが(笑)

近年では写真を撮ってInstagramなどのSNSに投稿なんて女性も多いのではないでしょうか。
その時に、きれいな箱入りチョコレートは写真映えしますから、みんなに自慢できるアイテムになります。

ネタ系お菓子

パッケージが面白い、通常よりサイズが大きいなど見た目のインパクト大のお菓子は、もらって楽しいものです。

自分では買わないバカバカしいものって、プレゼントされると思わず笑っちゃいますよね。

話のネタにもなるし記憶にも残ります。

オリジナルキャンディ

キャンディ専門店が増えましたよね。
デザインも豊富でオリジナルキャンディもオーダーできます。

彼女の好きなキャラクターやメッセージを入れて、世界に一つだけのキャンディを作ることも可能です。
オリジナルの可愛いものに女は弱いです。

動物系お菓子

食べられる耳がついたウサギ型シュークリームや、さまざまな動物をかたどったドーナッツなど見た目も可愛くおいしいお菓子は、女子にとてもウケます。

かわいいだけでなく、おいしいというのがポイントですね。

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

ヒトブロのホワイトデーに関する記事をまとめています。

ホワイトデーに役立つ記事のまとめ

2016.02.16

ホワイトデーの由来

ぜひヒトブロをフォローしてください