手取り15万円で一人暮らしできるのか?検証してみた。

手取り15万円

総額のお給料が20万円でも、いろいろ引かれると手取りが15万円くらいになりますよね。
この金額で一人暮らしができるか?悩んでいる人も多い事と思います。
今回は手取り15万円で一人暮らしができるのか?検証してみましたので、ぜひ最後まで読み通してみてくださいね。

 

手取り15万円で一人暮らしできるのか?

手取り10万円は絶望すら見え隠れしていましたが、今回の手取り15万円はどうでしょうか?
【手取り10万で一人暮らしできるのか?徹底シュミレーション】

結論

できます。

しかもきちんと貯金もでき食費にも余裕があります。
手取り10万円とは大きく変わり、お金がかかるような趣味がなければ、十分に楽しい生活ができます。

少し節約しなければならない項目も出来てきますが、都心に住んでいても問題はありません。
では項目ごとに見ていきましょう!

家賃:60000円

都心の人も家賃は60000円に抑えてください。
ワンルームは最低でも60000円くらいはすると思いますが、これ以上の金額ですと、他の項目が圧迫されます。
他の地域の方は、できれば5万円前後には抑えたいですね。

固定費を抑えることが節約のポイントなのですが、寮などに入れる人は活用していきしょう!

通信費(スマホ):5000円

手取り15万円1

できれば格安スマホなど、大手キャリアは避けましょう。
「かけ放題」などのプランが出てきてからというもの、スマホ代金を安くすることが困難になりました。
大手キャリアは6000円以上かかりますので、SIMを活用し3000円ほどに抑えてください。

ガス代:5000円

この金額はプロパンガス地域の目標金額です。
都市ガスはもう少し安いので安心してください。

オール電化でない限り、ガス代は必ずかかりますので節約の意識を持ちましょう。
シャワーを出しっぱなしなど、少し油断するとグンと跳ね上がるのがガス代の特徴です。

電気代:3500円

こちらも油断は禁物の光熱費。
エアコンを使用する場合は、設定温度などに気をつけましょう。

水道代:1500円(1ヶ月)

水道代だけは、2ヶ月に一回の請求です。
ですので、1500円を目標にしましょう。
お住いの地域で水道代の基本料金はかわってきますが、多く見ても2000円あれば大丈夫でしょう。

ただし、歯磨きをするときなど出しっぱなしは料金超過の恐れがありますので、節水を心がけてくださいね。

食費:40000円

手取り15万円2

手取り15万円ともなると、食費にも余裕が出てきます。
月に4万円もあれば十分ではないでしょうか?
しかし注意しなければならないのが、毎日外食ですと月に6万円かかる計算になりますので、自炊は必要ということです。
こちらをご覧ください。
1日2000円に抑えた場合です。

朝のコンビニ300円+昼の定食700円+夜1000円
これで2000円。

もちろん、彼氏や彼女・友人との食事もこちらから出してもOKですが、飲み会がなどが入ってしまったら、3〜5千円は一気になくなりますので、気は緩めないでくださいね。

雑費:5000円

生活する上で必要な消耗品がありますよね?
ティッシュなどがそれに当たりますが、余裕を持って5000円としております。

交際費:10000円

友人とのカラオケや食事などはこちらから捻出しましょう。
あまり調子に乗って遊び過ぎると簡単に超えますので、この項目は注意が必要です。

貯金:20000円

もしもの時に役立ちます。
毎月10000円でも良いので、必ず貯金はしましょう。
それでも年間12万円にもなります。

ポイントとしては、お勤めの職場で社会保険をかけてもらっているかどうかです。
でなければ、年金や国民健康保険など自分で払わなければなりません。
自分で払わなければならない場合でも、貯金・食費の項目を減らせば一人暮らしには問題ないでしょう。

最後に、もう一つ。
コツはお給料が入ったら、その生活費を項目ごとに抜き取ってしまう(茶封筒などに入れる)ことです。
で、その支出が発生したら、その茶封筒の中だけでやりくりすれば良いのです。
こうすれば簡単に貯金ができますので、実践してみてくださいね。

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


手取り15万円

ぜひヒトブロをフォローしてください