手取り10万で一人暮らしできるのか?徹底シュミレーション

手取り10万円1

手取り10万円でも生活ができるか?
今から生活する人、もしくは減給になり手取りが減った人、いろいろな人が悩んでいます。

今回は手取り10万円でどう生活するか?その内訳などにフォーカスしています。
ではさっそく見ていきましょう!

 

まず結論から

東京都内の人は、かなり厳しいと考えてくださいね。
そう考えていただけるなら、

できます。貯金もできます!

基本的に都内は家賃がワンルームで6万円くらいはかかります。
ですので今回の検証は家賃6万円を想定していきましょう!

手取り10万で一人暮らしできるか徹底検証

家賃:60000円

一番大切な出費です。
できるだけ安い所で契約をしてください。
固定費を安く抑えることが一番の節約ですので、必死に探しましょう。

他の地域の方も家賃に差はあると思いますが、6万円が上限としてください。
それを超えると何かあった時が絶望的です。

通信費(スマホなど):3000円

手取り10万円

キャリアで契約してはいけません。
今は格安SIMという素晴らしいアイテムがあるのですから、格安スマホでいきましょう。

通話はLINEやSkypeをフル活用してください。
「彼氏や彼女と電話する時、音質が・・・」などど、甘えたことを言ってはダメです。
我々は、お金がないんです。

ガス代:4000円

できるかぎり、都市ガスの物件がいいですが、プロパンですとガス代が高くなることは覚悟してくださいね。
ですので、少し高めの4000円でシュミレーションしています。

電気代:3000円

エアコンの使用は極力控えてくださいね。
基本的には家にいないようにして、外で過ごすようにしましょう。
契約も見直し、深夜が安いプランにすれば、それほど高くなることはありません。

水道代:3000円(2ヶ月に1回)

使わなくても基本料金がかかります。
自治体により金額は違いますが、高くても4000円を見れば大丈夫でしょう。

食費:20000円

手取り10万円2

この金額はかなり節約しないと厳しい金額です。
もしアルバイト先など勤務している会社で「まかない」が出るなら大丈夫です。

もし通常の会社員や「まかない」が出ないのでしたら、必ず自炊をすることになりますので頭に入れておいてくださいね。
ちなみに20000円だと1日666円で過ごすことになります。

雑費:2000円

トイレットペーパーなどを生活備品を購入する費用です。
2000円くらいあれば大丈夫かと思います。

貯金:5000円

例えば、急に病院へ行く必要が出た場合、貯金をしていないと病院すら行けません。
ちりも積もれば山となりますので、毎月の貯金は必ずしましょう。
月に10万円ですと、かなり厳しい生活になります。
ポイントとしては、「家賃を極力抑える」「まかないがある職場で働く」の2点です。
まかないがなくても生活できない事もありませんが、かなり厳しい生活になりますね。

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


手取り10万円1

ぜひヒトブロをフォローしてください