【スーツの洗濯】自分でできる!プロ直伝のクリーニング法

スーツのクリーニング代って時間もかかるし高いですよね。
でも!スーツは自分で洗濯できるし、実はクリーニング屋よりもキレイになるんですよ!

今回はクリーニングのプロに聞いた、スーツ洗濯のコツを徹底的にお伝えします。
一人暮らしの社会人は必見です!

1. スーツを洗濯するために必要なもの

100円均一の洗濯ネット

ズボンと上着を別々に入れますので、2つ準備しましょう。

スーツハンガー

大きめのハンガーであれば大丈夫です。
型崩れを防ぎます。

アクロンやエマールなど、ホームクリーニング用の洗剤

蛍光剤、アルカリ性や漂白剤入の洗剤は絶対にダメ!
「など」と書きましたが、アクロンかエマールにしましょう。

スチームアイロン

たくさん蒸気が出るスチームタイプが良いですね。

2. 洗濯前の事前準備

ここからは、実際に洗濯をするまえの準備になります。
大切なことが多いですので、しっかり確認してくださいね。

絵表示タグを確認しよう

スーツ 洗濯

出典:中電暮らしのヒント

タグに製品取り扱い説明が書いている場合もありますので、そちらも確認しましょう。

水洗い不可マークの場合、色落ちチェックをし素材がウールであれば自分で水洗いできます。

色落ちチェック方法

1. 洗剤の原液を2滴〜3滴スーツに垂らします。
2. 5分後、白いタオルなどで垂らした部分を押さえつけてみましょう。
3. 色が移ってなければOKですが、色落ちが激しい場合はクリーニングに出したほうが無難です。

ほとんどのスーツは基本的に水洗いOKだと思います。

裏地のホコリチェック

ウール100%の場合、冬物ズボンの裏は膝あたりから裏地が入っているのですが、ここに綿のホコリがたまりやすいのでチェックしましょう。
裏返しにして、膝あたりにたまっているようならキレイに掃除します。
指や歯ブラシなどで簡単に取れます。

洗濯ネットへ入れる

スーツを洗濯する場合、必ず上着もズボン・スカートも一緒に洗いましょう。

色落ちチェックをしたとしても、ほんの若干ですが色落ちはありますので
「今回は上着だけ」などの洗い方をすると、違和感が出るかもしれません。

上着とズボン・スカートは、別の洗濯ネットに入れて洗います。

上着には大きめのネットを準備しましょう。
ボタンをはずし内側に2つ折りにたたんで入れます。

ズボンやスカートはチャックを閉めボタンを止めます。
ズボンは両足のすそを合わせて、3つ折りにしましょう。
スカートの場合も、ネットの大きさに合わせて2~3つに折りにし、別の洗たくネットに入れます。

3. さあ、洗濯機へ!

スーツ 洗濯

ここからは、洗濯機におまかせ!

・・・なのですが、
すぐにドライコースや手洗いコースで洗っても良いですが、どうせ洗うならしっかり汚れを落としたいですよね?

しっかり汚れを落とすプロ直伝の方法は、30分〜40分のつけ置きです。
洗濯機の中でなくても大きいタライや、お風呂の浴槽でも大丈夫。
できれば、40℃のお湯を使いましょう。

洗剤には界面活性剤と酵素が入っています。
界面活性剤がスーツの繊維に付着した汗などの汚れに吸着して、繊維から引き剥がしてくれます。
酵素は、効果が表れるのは30分くらいからと言われており、体温に近い温度が適温ということです。

30分のつけ置きをするだけで汚れが落ちますので、洗濯機の「洗い」は不要です。

つけ置きが終わったら、ドライコースのすすぎから始めましょう。

あとは洗濯機におまかせですが、脱水時もなるべく、しわのよらないように注意しましょうね。
洗濯槽内にはわせるように配置すると良いですね。

脱水の時間は1分です。
シワの原因になりますから、長くても3分でやめましょう。

4. スーツを干す

縫い糸を伸ばすため、生地を縫い目にそって少し引っ張りましょう。

大きめのハンガーにかけ、ある程度のシワを取ります。
直射日光は厳禁!必ず日陰に干してくださいね。

5. 仕上げのアイロン

あて布をして、スチームアイロンの蒸気で「しわ」を一気に伸ばしていきます。
シワがなくなりましたら、蒸気を止めましょう。

次にアイロンで熱を加え水分を蒸発させていきます。

たったこれだけなのですが、ポイントとしてはしっかりと水分を蒸発させること。
水分が残ったままにしておくと、ヨレてパリッと仕上がりません。

6. 自分で洗うとクリーニング屋よりもキレイになる理由

スーツをクリーニングに出す時を考えてみてください。
汗をかいて独特のいや〜な臭いがするし、汚れている気がするから出しますよね?
実はその汚れ、全くキレイになっていないんです。

どういう事かというと、クリーニング屋さんのドライクリーニングは読んで字のごとく、「水を使っていない」のです。
では、どのような方法で洗っているか。

なんと「油」で洗っているのです。

クリーニング屋さん視点で見ると、ドライクリーニングは手間もかからず、仕立ても簡単。
油で洗うので油汚れには強いのですが、汗など水溶性の汚れや調味料などのシミにはあまり効果がないんです。
ハッキリ言って、それらの汚れはほとんど落ちません。

上記の理由から、自宅で洗う方が何十倍もキレイになるんです。
いかがでしたでしょうか?

実は簡単に洗えるスーツ。
クリーニング代も節約できますし、汚れもしっかり落ちますからおすすめです。

スーツはとてもデリケート。
自宅で洗えるからといって、洗濯機でガンガン回して洗わないでくださいね。

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


ぜひヒトブロをフォローしてください