一人暮らしの食費は1万円で!一ヶ月自炊のヒント集

一人暮らし 食費 1万円

一人暮らしって意外とお金かかりますよね。

暮らしの中でも食費は、簡単に増加もするし、工夫すれば1万円以内に抑えることもできる項目です。

今回は、そんな一人暮らしで大きなウエイトを占めている、食費の節約術を紹介したいと思います。

 

どうすれば安く自炊ができるか?

まず実際自炊にかかる費用は、食材・調味料・ガス代・電気代・水道代です。
どうでしょう?何が一番高く付きそうですか?

この中でも最も大きいのが食材ですよね。
つまり、「安く自炊をするという事」=「食材を安く仕入れること」なんです。

食材はどこで買うべき?

食材を仕入れる場所は、とても重要です。

スーパーやコンビニといろいろありますが、ここでは一番コストも安いスーパーを選びます。
コンビニは関係のない嗜好品を、ついで買いしてしまう可能性もあるので利用は控えましょう。

地域で一番安いスーパーをチェックしてください。
野菜はここ、肉はここというように、ジャンルによって分けるのもいいですね。

一ヶ月1万円を達成する場合、1日に使える費用は333円です。

買い物に行く際は1食分だけや1日分だけ買うのではなく、それぞれ一番安い時を抑えて、まとめて1~2週間分くらいを買いだめをします。

ただ、安いからといってあまり遠くのスーパーには行かないようにしましょう。
交通費のほうが高くなることがあります。

買いだめした後は?

生物などは保存期限など注意が必要ですが、保存は冷凍庫などを活用しましょう。
作る時も1食ずつではなく、3~5日分くらいまとめて作って、作り置きにしておきます。

調理回数を1回にまとめることで光熱費も節約できますよね。

それと一人暮らしの人は、ご飯を作り置きしておくとかなり便利です。
5合くらい一気にたいて、1食ずつラップで分けて冷凍保存します。

回答するときは、レンジの「自動モード」でOKです。

どんな料理で節約するか?

一人暮らし 食費 1万円2

それでは、どんな料理が節約できる料理なのか?具体的に例を見ていきましょう。

カレーライス

みんなが大好きなカレーライス。
じつはコストパフォーマンスに優れた料理なんです。

翌日のカレーが美味しいとは、昔から言われていることですよね?
一度にたくさん作れるし味は美味しくなるし、一人暮らしでは活躍すること間違いない料理なんです。

スーパーに売っているカレールーは、一箱当たり200円程度出せば買えます。
一箱当たり12人前なので、1人前当たり大体10~20円程度です。

ご飯一人分(半合)は大体30~40円程度なので、具材を合わせても一人分は100円以内で作れます。

野菜炒め

もやしの一袋の値段は10円前後です。(地域で差があります。筆者が住んでいる地域は6円です)

キャベツは時期によりますが、一玉150円くらいで、にんじん・玉ねぎは一袋100円ですよね。
それらの野菜を切って炒めた野菜炒めは栄養満点。
塩コショウでシンプルな味付けでもいいですし、焼き肉のタレで味付けでも美味しいですよね。

このように野菜炒めは、100円以内で作ることができます。

バナナ

朝食にバナナ。
オーソドックスですが、これには理由があります。
バナナは栄養満点で、エネルギーになりやすく朝食向きなのです。
バナナは一房200円程度で購入できます

焼きおにぎり

お米は一人暮らしの人にとって、生命線であります。
お米が10kgで3000円なので、1合200gとして60円です。
1合で4個作るとして、1個あたりのおにぎりの値段は15円です。

それを焼きおにぎりにして冷凍しておけばだいぶ作り置きできますね。

たまご

卵は栄養満点です。
毎日自炊すれば、賞味期限を切らすこともありませんので、購入をおすすめします。

スーパーの卵はパックのものを買うと、大体一個あたりの値段が20円以内。
栄養が偏りやすい一人暮らしには、ぜひ取り入れたい食材です。

ちなみにゆで卵にすると、日持ちしませんのでおすすめしません。

パスタソース

たまにはパスタにしたい日もありますよね?
そういう時は、パスタソースを購入しましょう。

ソースは大体、一袋100円程度で購入できます。
パスタ麺も一人前100gで20円くらいですので、1食は120円程度でいただくことができます。

サバなどの缶詰

缶詰は1つ100円くらいで販売されています。
特に青魚の缶詰はかなり栄養価が高く、簡単に利用できるためごはんのお供にオススメです。

冷凍食品

冷凍食品の値段はスーパーなどで150円くらいで購入できます。
それらの冷凍食品の種類を変えて、毎日のおかずやお弁当に活用するといいですね。

豆腐

こちらも栄養豊富!
値段が安く100グラム50円程度で購入できます。
料理のバリエーションも豊富にあるので、飽きずに食べ続けられることもできるでしょう。

 

いかがでしたか?

一人暮らしの食費は少し工夫をするだけで、低コストを実現できますし、1日の食費を3食合わせて300円以内に抑えることも可能なんです。

今回はちょこっとのヒントでしたが、まだまだ安い食材はたくさんあります。
それらを使ってしっかりと食費を抑えていきましょうね。

一人暮らしの節約術まとめ

ヒトブロの一人暮らし節約術に関するコンテンツをまとめた記事です。
ぜひご覧になってください。

【一人暮らしの節約テク】食費や光熱費など完全網羅!

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


一人暮らし 食費 1万円

ぜひヒトブロをフォローしてください