今年の潮干狩りに必要な道具と服装【貝の画像あり】

潮干狩りの服装と道具

こんにちは、Aiです。

春を過ぎたら潮干狩りの季節ですね。
そこで今回は、潮干狩りデートに必要な道具と服装を調べてみました。

もちろん、ご家族でも持ち物は変わりませんから、ぜひご覧になってくださいね。

潮干狩りに最適な服装

潮干狩に行く際は日光を避ける・動きやすい・濡れても大丈夫の3点を心掛けましょう。
機能性を無視した服装では潮干狩りデートは楽しめません。

帽子&首にはタオル

ゴールデンウィークに行く人も多いと思います。
長時間日光の下にいるわけですから、これは絶対忘れてはいけません。

帽子は日光をきちんと遮り、紫外線から守ってくれるつばが広いものがいいですね。

首にハンドタオルを巻くことで汗を吸収してくれるだけでなく、ガードしにくい首を紫外線から守ってくれます。
格好良さは損なわれますが、風で飛ばされないように帽子にはヒモがついていると安心して潮干狩りを楽しめます。

長袖、半ズボン

暑いし濡れるなら半袖、短パンで行きたいところですがそれはNG!
4月5月といえど、紫外線はとても強いです。

日の下でじっとしながらの作業は、思いのほか日に焼けお肌に大きなダメージを残しますから、UV加工されたラッシュガードが濡れても乾きやすくおススメです。

下は伸縮性のある素材(ジャージなど)で長時間しゃがんでも苦しくないものにしましょう。

クロックス

裸足での潮干狩りはケガの原因となります。
貝の破片、道具を踏んでしまったなど素足での潮干狩りは危険がたくさん!

ビーチサンダルよりクロックスタイプだと、足全体を守ってくれるので良いと思います。

潮干狩りには、こんな道具が必要

分担して用意するか、二人で買い出しにいき準備しておくといいですね。
潮干狩りでの道具忘れは笑えない雰囲気になるので、お互いに持ち物チェックをしてしっかり備えましょう。

バケツ&ザル

このコンビがあることで潮干狩りは格段にはかどります。
名前を書いて紛失を防ぎましょう。

バケツに掘った貝を入れザルで砂をふるい落とし、貝の選別をするという作業が効率的に行えます。
どちらも100円ショップで手に入るので、セットで購入しておくと何かと便利です。

熊手&スコップ

道具なしで掘ることは止めましょう。
スコップである程度掘り、貝が見えたら熊手で掻き出してもいいですし、単体使いでも十分だと思います。

紛失、手に刺さる危険を無くす為にも熊手、スコップはいつでも自分の目の前に置いておきましょう。
熊手は刺さるとシャレになりません。

軍手

熊手とスコップがあっても手袋は必要です。
素手だと爪が割れる、刺さる、切るなどケガのリスクが一気に高まります。
せっかくの楽しい潮干狩りに手をケガしてしまったら悲惨ですよね。

さらに爪に細かい砂が入ると中々取れません!
これが地味に気になります。

持ち帰り用容器

バケツに海水を張って持ち帰ってもいいのですが、海水がこぼれることを考えるとフタつき容器があると便利です。
最近ではフタつきバケツという便利なものもあるのでチェックしてみてください。

潮干狩りでとれる貝の種類

[アサリ]

アサリ
参考:市場魚貝類図鑑

潮干狩りの定番です。
殻の模様が個体により違います。
味噌汁、酒蒸し、パスタなどさまざまな料理が楽しめます。

[オキアサリ&コタマガイ]

オキアサリ
参考:市場魚貝類図鑑

アサリとハマグリの中間の貝で二つともよく似ていて区別がつきません。
しかし味に大差はないので特に問題なし!

[オキシジミ]

オキシジミ
参考:市場魚貝類図鑑

殻に放射線状の模様があるのが特徴です。
砂が抜けにくいのが難点ですが、調理法によっては良い出汁がでます。

[サルボウガイ]

サルボウガイ
参考:市場魚貝類図鑑

缶詰の「赤貝」として加工される貝です。
刺身、炊き込みご飯が美味しいとされています。

[バカガイ]

バカガイ
参考:市場魚貝類図鑑

名前の由来には諸説ありますが、馬鹿でも取れるほどたくさんとれるからと言われています。
寿司ネタの「青柳」はバカガイの足です。

刺身、天ぷらなど馬鹿にできないおいしさです。

[ホンビノス貝]

ホンビノス貝
参考:市場魚貝類図鑑

外来種で大アサリ、白ハマグリとも呼ばれクラムチャウダーに入れると抜群なうま味を発揮するらしいです。

上記で紹介した他にも色々な貝が取れますので、食べる際はしっかりと調べてからにしましょう。

貝毒にご注意

聞き慣れない言葉ですよね。

貝毒とは魚介類が生産する毒物(マリントキシン)の一種で動物性自然毒で、私たちがよく目にする貝にも含まれる可能性はあります。

有毒プランクトンを捕食した貝の中には毒素が蓄積され、それを人間が食べることによって下痢や手足の痺れなど食中毒のような症状を引き起こします。

「貝にあたる」というのは貝毒に当たったということなんです。

貝毒は加熱により無毒化されることはありません。
貝を食べて体に異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。

こんなものがあったら便利

潮干狩りの服装と道具

ではここから、あれば助かるアイテムを数点ご紹介していきますね。

ナイロン製パーカー

海風が強く肌寒かったり、急な天候の崩れで雨が降ってきたときにとても役に立ちます

ナイロン製パーカーは軽く折りたたむとコンパクトになるので持ち運びに最適です。
他の野外イベントでも活躍してくれるので一着持っていると便利ですよ。

大きめのタオル

  • 首に巻く
  • 濡れた手や足を拭く
  • 急なケガで出血した場合に止血する
  • 帽子が飛ばされた時に頭にかぶる

このように大きめのタオルは、水場に行く際は大活躍してくれます。
吸水性が高いものを持っていきましょう。

貴重品ケース

斜め掛けの小さめバッグなど、貴重品を身に着けておけるものがあると盗難の心配をすることなく潮干狩りに集中できます。

クーラーボックス・保冷バッグ

行きはお昼ご飯や飲み物を入れて、帰りは取った貝を入れられるお役立ちアイテムです。
鮮度を保ったまま貝を持ち帰ることができます。

  • 絆創膏
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • レジャーシート
  • 口寂しい時の飴

このようなものもあると便利ですね。

また、釣具屋さんで売られている、潮干狩りのフルセットなどもあるそうです。

ちょっとダサい格好で貝を探すのが潮干狩りデートの醍醐味!

翌日に筋肉痛は必須ですが、二人で採った貝は忘れられない美味しさのはずです。

まだお互いに遠慮があるカップルこそ、じっくりと向かい合って長時間一生にいる潮干狩りデートを楽しんでみて下さいね。

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


潮干狩りの服装と道具

ぜひヒトブロをフォローしてください