敷金礼金なしはデメリットだらけ【初心者は絶対見て!】

敷金礼金なしのデメリット

敷金礼金なしのデメリットを考えたことがありますか?

初期費用なし!連帯保証人不要!

確かに魅力的でありますが、安いからといって安直に決めてはいけません。

特に一人暮らしのあなたは、お若いでしょうから騙されやすいです。
そのデメリットを、これからタップリと説明させていただきますね!

 

なぜ敷金礼金なしの物件が存在するのか?

答えは単純です。

立地条件が悪いとか、築年数が古いとか、さまざまな要因で応募が来ないからです。

こういう物件は、入居時の敷居を低くし間口を広げたいんですね。
そうしないと、お客さんが来ないのです。

ですので、大家さんは敷金礼金でお金を取ることを諦めて、とにかく部屋を埋めてしまおうと考えるのです。

敷金礼金なしのデメリット

家賃がほかと比べて高い

これは、敷金礼金分を家賃で回収しようと考えているからです。
こういった物件は短期なら良いですが、長く住むと確実に損をしますのでやめましょう。

変な人が住んでいる

連帯保証人も要らないというくらいの物件ですから、変な人が集まりやすいです。
そういった物件は隣人とのトラブルも多いようですので、しっかりと見極めが必要です。

都心部であれば「Oh!Why!?」外国の方が住んでいる場合もあります。
文化の違いがありますしトラブルも考えられますので、注意が必要です。

退去時の費用をぼったくられそうな感じの怪しい物件が多い

これもトラブルが多いですね。
時に注意しなくてはならないのは、入居時の契約で、「備考欄」などもしっかり確認する必要があります。

国土交通省もガイドラインを取り決めていますので、確認しておくと良いでしょう。

どうしても敷金礼金なしがいい!その時のチェックポイント

緊急で敷金礼金がない物件に住まないといけない場合など、諸事情があると思います。
そんな時、2つのチェックポイントがあります。

実際に物件を見に行く

もちろん昼間に見るのも大切なのですが、夜に近くを通り観察してみましょう。

人は基本的に昼働いて夜は家に帰ってきますので、夜に快適に過ごせるかは大切なポイントです。

近所が騒がしいなど、安くなっている原因が発見できるかもしれません。

契約内容をしっかり確認する

特に「違約金」などが設定されている場合もありますので、注意が必要です。

例えば「1年未満に解約・退去したら◯万円」のような取り決めが記載されているかもしれません。

特約の欄、もしくは備考の欄は特にチェックしてください。

敷金礼金なしで探すのはやめよう

結論は、敷金礼金ゼロで探すのはやめた方が良いです。
素人が掘り出し物の物件など、見極められるものじゃないです。

トータルで見ると、全然お得ではなかったという事がありますので、「どうしても!」という人以外はやめておきましょう。

現在は、敷金1ヶ月・礼金1ヶ月というのが普通になっています。
(昔は2ヶ月分だったんですけどねぇ・・・)

それに、日本の人口が減るのはわかりきっていますので、空き家も増加傾向にありますね。
いつかは、「敷金礼金ゼロが当たり前」という時代がくると思います。

それまで待て、というわけではないのですが、しっかりとした知識は持っておくべきですし、無用なトラブルは避けたいですからね。
今回の記事、ぜひ参考にしてみてくださいね。

入居・退去に関する記事

退去の費用【絶対見て!】損をしないための4つのポイント

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

 


敷金礼金なしのデメリット

ぜひヒトブロをフォローしてください