一人暮らしの洗濯物を早く乾かす裏ワザ6選+おまけ

洗濯物を早く乾かす
  • 「え!?今からデート!?(これ着たいけど、乾いてないな・・・)」
  • 「明日お気に入りのコレを着たいけど、乾くかな〜・・・」

このように「洗濯物を早く乾かしたい!」と、誰でも一度くらいは思ったことがあると思います。しかし洗濯物を乾かすのは時間がかかるのが一般的なので、すぐに乾かすというのは難しいのが実情でしょう。

ですが、工夫などちょっとした手間をかけることで、早く乾かすコツはいくつかあるんです!

洗濯物を早く乾かす裏ワザ6選+おまけ

今回は「洗濯物を早く乾かす裏ワザ6選」というテーマでお送りしていきますね!

1. バスタオルなどで水分を取ってから干す

まだ時間がある場合に使える方法です。考え方として、早く乾かすためには「洗濯物から水分を取る」のが一番効果的な方法です。

そもそも洗濯物が乾きにくいのは、水分を含んでいるのが要因として挙げられますから、水分を取るだけでも乾くまでのスピードは格段に違いますよ。中でもバスタオルは水分を多く吸収するので利用しやすく、多くの家に常備されていますから、用意しやすいのもポイントですね!

2. アイロンをかける

これも有効な方法の一つで、湿った洗濯物にアイロンをかけることによって、乾くまでの時間を短縮する方法として活用できます。アイロンを当てることで熱を与え、湿気が蒸気になるというのがその主な理由ですね。

アイロンはしわを伸ばすために使用するイメージが強いですが、こうした使い方もあるということも覚えておくと役立ちますよ!

  • スチームを切る
  • アイロンがけが大丈夫か?素材の確認

この2点を注意するのと、不安な方は薄いタオルなどを当てて使用すると良いですね。

3. ドライヤーとハンガーを使う

この方法はハンガーに洗濯物をかけてドライヤーを当てるという単純な方法ですが、薄い生地の服などであれば十分な効果が期待できますね。併せて除湿機や扇風機といった、風を当てることのできる物を使えば効果も高まりますので、できればこれらとセットで使用するのが好ましいでしょう。

4. ドライヤーと袋を利用する

これはドライヤーと袋(紙袋やビニール袋)を用意して行うやり方です。

袋の中に洗濯物を入れて、ドライヤーの熱風で乾かすという簡単な方法ですが、効果はかなり高いです。

ビニールの場合は小さい穴をあける

ポイントとしては、ビニール袋の場合に小さい穴をあけておく必要があるという点です。服の量が多すぎると蒸気がこもりますし、服が少なくても蒸発した水分を外に逃がすために必要なのです。

適度な量にする

この方法は、多くの洗濯物を入れて乾かすのには向いていません。

しかし、少量であれば重点的に風を当てられますから、少なければ少ないほど乾きが早くなります。

ハンガーと違ってどこでも用意できますから、外出先のホテルや友人の家などでも使える方法ですよ!女性ならストッキングなど、かなりの早さで乾かすことができます。

5. エアコンを利用する

先程、方法の一つに扇風機などの風を利用するやり方について触れましたが、エアコンを利用する方法もあります。エアコンには部屋の温度を上昇させて温める機能がありますから、それを活用するということですね!

仕組みとしては扇風機というよりも乾燥機に近いので、少し狭いぐらいの部屋を使うとより効果が高まります。

6. コインランドリーで乾燥機能だけを使う

コインランドリーを利用すると使用料がかかるから避ける、という方も多いですね。

しかし、乾燥だけであればかなり安くなりますので、自宅で洗濯してコインランドリーで乾かすのも一つの手段です。

「時間が無くて乾くのを待っていられない」といった状況であれば、かなり有効な方法ではないでしょうか。また、梅雨の時期など天候が安定しない時期にも効果的な方法です。近くにコインランドリーがある場合には手間もかからないので、なお良しですね!

電子レンジはどうなの?

さて、めんどくさがりのあなたは「電子レンジで乾くんじゃない?」と考えたことがありますか?

結論から言いますと、乾きません。厳密には非常に効率が悪いです。

確かに、加熱する調理器具ですから水分が高温になり蒸発すると考えられます。しかし、電子レンジ内はほとんど密室ですから、蒸発した蒸気の逃げ場がないので結局乾きにくく、かなり非効率です。

それに食べ物を熱する家電ですからね、パンツはやめましょう(笑)

洗濯物を最速で乾かすまとめ

以上、「洗濯物を早く乾かす裏ワザ6選」+「電子レンジはどうなの?」でした。どの方法も実践するのはそれほど難しくないですから、ぜひ一度試してみてくださいね!

エアコンやアイロンは場合によっては無いこともあるかもしれませんが、扇風機などは比較的安価で手に入ります。ドライヤーならば一つぐらいは家にあるかと思いますから、最低限この二つがあれば何とかなるでしょう。

私の一番のおすすめは「ドライヤー+袋」です。

身近にあるものでちょっとした工夫をするだけでもかなり違ってきますから、知識として知っておいていただければ幸いです。

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


洗濯物を早く乾かす

ぜひヒトブロをフォローしてください