隣人がうるさいときの完全必勝法3つ【会わずして勝つ】

隣人がうるさい

一人暮らしは基本的にマンションやアパートになるわけですが、他の人と隣り合わせで暮らしている関係上、どうしてもトラブルは起こってしまいます。

その最たる例が「隣人がうるさい」という騒音問題に関してとなりますよね。
かといって面と向かって言うのも言いにくさもありますし、相手が変な人でしたらこちらに危害も加えかねません。

そこで、今回は会わずして勝つ。
隣人がうるさいときの完全必勝法をテーマにお送りしましょう!

隣人がうるさいときの対処法

それではさっそく、以下でその方法について紹介していきます。

壁を叩く

これは簡単ですが効果は高い方法の一つです。
要するに「うるさい」というこちらの意思を表現することによって、相手に迷惑しているのをそれとなく伝えるわけですね!

人にもよりますが、うるさくしている人は相手に迷惑をかけていることを自覚していないケースが多いので、相手が非常識な人間でない限りは反省して事態が治まることもあるでしょう。

壁を叩く行為自体に、ためらってしまう人もいらっしゃるかと思いますが、黙っていると事態を容認していることになりますから、意思を示すのは大事な事ですよ!

大家さんに相談する

これも当然の事ですが、アパートの管理人は建物の管理者なので騒音を起こしている相手に直接意見や注意ができる立場であります。

同時に注意しても影響がない人でもありますから、「隣がうるさいので注意してもらえますか?」と大家さんに相談を持ちかけるのも大変有効的な手段です。

何よりも隣人に直接言ってしまうとお互いの関係が悪くなってしまい、居づらくなる可能性もあります。
強い権力を持つ人に相談して間に入ってもらうのは効果的でしょう!

不動産屋に相談する手もあるのですが、結局は大家さんを介する形になります。
「ただの仲介業」であると考える不動産屋も多いですし、こちらの手間が増えるだけです。

場合によっては放置されてしまう可能性すら出てきますので、おすすめはできません。

警察を呼ぶ

どうしても問題が解決しない場合には、警察への通報も視野に入れておく必要があります。

事前に匿名として伝えておけば自分が言ったとは特定されにくいですし、警察が自宅に来たとなればさすがに問題行動として認識せざるを得ません。

ただ、この方法は有効ではありますが、あくまでも最終手段として用いるのがいいでしょう。

やはり、警察に通報されたとなると相手側の面子を潰してしまうことになります。
匿名で通報したとしてもある程度は推測できますので、その後の関係悪化に繋がってしまう恐れが出てきますね。

しかし、引越しを検討しなければならないような事態であるなら、文字通りの意味で最終手段として使うことも考えるべきであります。

隣人がうるさい

軽度から酷いケースまでこれらの方法を用いれば大抵は解決できるかと思います。

隣人がうるさい時、つまりは騒音問題などの問題が起こった時に重要なこと。

それは、何かしらの行動を起こさないと事態は改善しないということを、必ず覚えておいてください。

特に女性の方は、我慢してしまう傾向にあります。
それではストレスも溜まりますし、せっかくの一人暮らしが楽しくありませんよね。

「隣がうるさいから自分が注意しに行くしかない」ではなく、その際に起こす行動とは誰かを介することやそれとなく伝えるなどといったように、さまざまな方法があるということを覚えておかなくてはいけません。

個人間の問題と安易に捉えるよりも、どうすればいいのかをしっかりと考えて行動することが大事であるということですね!

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


隣人がうるさい

ぜひヒトブロをフォローしてください