【最強】電子レンジの掃除をチンだけで完了させる方法

電子レンジの清掃

電子レンジの掃除は定期的に行った方が良いのはわかりますよね。

しかし、冷蔵庫の中の掃除と同じように、後回しにしてしまうという方も多いのではないでしょうか?

掃除しなくてもすぐに問題が発生するというわけではないですから、優先度が低くなってしまうのも、仕方がないのかもしれません。

ですが、掃除をしないとコゲ臭くなりますし、最悪のケースでは火災を引き起こす場合もありますので、そうなる前に手入れはしておかなければなりません。

そこで今回は簡単な掃除法をご紹介!

「電子レンジの掃除をチンだけで完了させる方法」について見ていきましょう!

汚れの原因

まず、汚れの原因についてですが、以下の2つが代表的なものです。

  1. 食べ物のカス

食べ物のカスは、ゆで卵などの殻がある製品が飛び散ったりするのことが原因です。他にも過度の加熱により、食品の油が飛び散って付着しているケースなどが挙げられます。

そのまま放置すると…

ゆで卵の殻などが飛び散った後にそのまま放置しておくと、その後使い続けることによって繰り返し加熱することとなります。

炭化して発火の原因になることもありますし、油汚れは落としにくいですから、定期的に手入れをするのは中々難しいことが想像できますね。

クエン酸もしくはレモンを絞ってチン

汚れの原因を考えると取り除くのは大変なようにも感じますが、実はクエン酸やレモンを使ってレンジでチンするだけで汚れを落とす方法もありますので、ご紹介しておきましょう。

レモンに含まれる「リモネン」がすごい!

レモンの皮には「リモネン」と呼ばれる成分が含まれており、油を溶かす作用があります。

半分に切って電子レンジに入れて加熱することにより、蒸気が発生し、電子レンジの内部全体にリモネンの作用が広がることで、汚れが落ちやすくなるというわけです。

消臭効果も期待

さらにリモネンには消臭効果もあるため、汚れによる嫌な臭いを消してくれる作用があるのも見逃せませんね!

その後は布巾などでさっと拭くだけで汚れをきれいにふき取ることができますから、是非、試してみていただければと思います。

クエン酸やレモンは酸性なので、油汚れなどの軽度の汚れを取るのであれば、かなりの効果が期待できるでしょう!

コゲには重曹

先述したように、軽度の汚れであればクエン酸やレモンで十分対処可能なのですが、卵の殻などの食品が飛び散って、炭化してしまうとそれだけでは十分とは言えません。

炭化するということはコゲが生じているわけですから、この場合には重曹を用いるのが効果的ですね!

重曹は焦げを浮かび上がらせる

重曹はアルカリ性の性質を持っており、アルカリ性は酸性であるコゲを浮かび上がらせてくれる作用があります。

コゲのようにしつこい汚れもしっかりと除去することができますから、外から見てコゲが生じているようならば重曹の使用をお奨めします!

電子レンジの掃除まとめ

「汚れを取りやすくして拭き取ることでキレイにできる!」というわけですが、これらの方法を用いることで軽度、重度問わずに手入れが可能になりますので、是非、覚えておいていただきたいと思います。

特にクエン酸や重曹と違ってレモンは日常的に利用する事の多い食品ですから、こうした方法を知っておくと便利ですよね!

それからもう一つ。レモンの成分である「リモネン」はレモンの皮に含まれていますので、たとえ、絞った後など使用後であっても利用可能であるという点です。

未使用でなくても使うことはできますので、調理に使用した後についでに掃除に使うといった利用方法もお奨めですよ!

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


電子レンジの清掃

ぜひヒトブロをフォローしてください