うさぎ×一人暮らしは最強!私がホーランドロップをおすすめする理由

うさぎと一人暮らし

最近は一人暮らしのペットとして、さまざまな動物がクローズアップされています。

今回はうさぎにフォーカスしておりますが、この記事をご覧のあなたも、うさぎに興味を持っているのかもしれませんね。

うさぎは元々声帯を持っていないので、鳴き声でご近所に気を使う必要がありませんし、ほとんどの時間をケージの中で過ごすので、一人暮らしに向いているペットと言えます。

そこで今回は、うさぎを飼いたいと考えている一人暮らしの皆さんに、初めてでも飼いやすいおすすめの品種をご紹介します。感情表現が豊かなうさぎとの暮らしは、なかなか面白いですよ。

うさぎの種類

 

うさぎには毛の長さや体の大きさなどで分けられます。

短毛種・長毛種

フワフワで柔らかな長い毛が魅力の長毛種は、毛が絡まりやすく頻繁にブラッシングしてあげる必要があります。

初心者ならば、ブラッシングが楽な短毛種の方がいいかも知れませんね。

小型種・中型種・大型種

小型種は大人になっても1kg前後です。

一般家庭で飼うことはないと思いますが、世界最大のうさぎと言われるフレミッシュジャイアントは、7~8kgまで成長します!

ちなみにミニウサギは小さなうさぎという意味ではなく、雑種のうさぎの総称なので勘違いしないようにしましょう。

タレ耳・立ち耳

全体的にタレ耳のうさぎはおっとりしていて、立ち耳のうさぎは活発な性格だと言われていますが、これはかなり個体差があるところだと思います。

わたしの飼っているうさぎはタレ耳ですが、活発でやんちゃです(笑)

初心者におススメの品種は?

 

初めてでも飼いやすいとされるのが「ホーランドロップ」です。

タレ耳と下膨れ気味の愛くるしい顔が特徴です。以下、ホーランドロップがおすすめの理由をお伝えしますね。

短毛種

長毛種に比べてブラッシングに手間が掛かりません。
うさぎは暑さにとても弱いのですが、特に長毛種の子は弱いので温度管理に気を使う必要があります。

小型種

うさぎは体の大きさに合わせたケージが必要です。体が大きければそれだけ大きなケージ、走り回るスペースが必要になります。

温厚な性格

ホーランドロップは優しく穏やかな性格で、懐きやすいと言われています。アメリカではペットセラピーにも使われているそうです。

比較的、触られるのを嫌がらない

警戒心が強く抱っこや触ると嫌がるうさぎが多い中、ホーランドロップは比較的触っても嫌がりません。

新しい環境に適応しやすい

うさぎは環境の変化にとても敏感で、環境が変わることで体調を崩してしまったりしますが、ホーランドロップは適応能力が高いといわれています。

ペットショップなどで入手しやすい

ちもちもちーちもちもちー 生ちーもしー #ポーランドロップ #うさぎ

A post shared by Yuta Ohsawa (@artemis0509) on

 

ホーランドロップはペットショップで、必ずといっていいほど販売されています。

主人の帰りを待ってくれている存在って嬉しいですよ!もちろん個体差はありますし、飼うのなら最後まで責任を持って飼うようにしてくださいね。

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

一人暮らしのペット特集

一人暮らしのペットは爬虫類!初心者におすすめの4種

2015.12.29

【一人暮らし】おすすめの飼いやすいペットまとめ

2015.12.28

うさぎと一人暮らし

ぜひヒトブロをフォローしてください