【二の腕の筋肉】一刻も早く太くしたい人の筋トレ法

二の腕の筋肉

「二の腕の筋肉を鍛えたい!」と思われている男性は多いのではないでしょうか?
「力こぶ」を始めとしたこの部分は鍛えておくことで、見栄えも良くなりますし、何より男性らしさを示すことができる部位でもありますね。

しかし、二の腕の筋肉は日常生活ではほとんど使用されない箇所があるため、鍛えていくにあたっては意識的にトレーニングしていく必要も出てきます。
今回は、効果的な筋トレ法などをご紹介していきたいと思います。

 

二の腕には2種類の筋肉がある

二の腕の筋肉は主に2種類存在していて一つが上腕二頭筋、もう一つが上腕三頭筋と呼ばれています。

上腕二頭筋

上腕二頭筋は「力こぶ」のあるところ、つまり、上腕の内側にある筋肉の総称です。
その名の通り2つの筋肉で構成されており、役割として物を持ち上げる際に使われるため、生活の中でも利用機会は多い筋肉と言えますね。

上腕三頭筋

上腕三頭筋は、上腕の外側にある筋肉で肘を伸ばすときに利用される筋肉なのですが、上腕二頭筋に比べると利用機会が少ない筋肉でもあります。

しかし、上腕三頭筋は3つの筋肉で構成されている部位であり、上腕二頭筋よりも二の腕全体で占める割合が多いので、鍛えることで太くなるのはこちらの筋肉であると言えるでしょう。

二の腕の筋肉がつかない原因

二の腕の筋肉は他の箇所に比べるとつきにくいと言われているのですが、この原因となっているのが上腕三頭筋を鍛えるのを疎かにしているからです。

前述の通り、二の腕の筋肉は2種類存在しますからバランスよく鍛えないと、思っているほどの成果が出ていないように感じてしまいます。

基本として、二の腕の筋肉は普段重要視されない上腕三頭筋の方が筋肉量が多いため、「力こぶ」とも呼ばれる上腕二頭筋のみを鍛えても、二の腕全体が太くなるというわけではありません。

よって、普段使う機会が多い上腕二頭筋よりも、あまり使われない上腕三頭筋をいかに意識して鍛えていくかがポイントになるでしょう。

上腕三頭筋を鍛える、効果的な筋トレ方法とは

では、その上腕三頭筋を鍛えるのに効果的な筋トレ法とは、どのような方法なのかが気になるところですよね?

今回は手っ取り早く筋力を付けたい人のために、ナロープッシュアップと呼ばれるトレーニング法をお伝えします。

腕立て伏せ(ナロープッシュアップ)

腕立て伏せで鍛えられる部位は主に3つです。

・上腕三頭筋
・三角筋
・大胸筋

他にも体幹や腹筋の強化にもつながりますので、腕以外にも効果があります。

腕立てのメインは大胸筋のトレーニングですが、上腕三頭筋もしっかりと鍛えることが可能です。
では、ナロープッシュアップのやり方です。

ナロープッシュアップと呼ばれているこの腕立ては、曲げて伸ばす動作に加えて、自身の体重を負荷として載せることが可能な自重トレーニングの一つでもあります。

ポイントとしては手を置く幅を小さくする事で、上腕三頭筋に効率的に負荷をかける事が可能なので、慣れてきたら手を置く位置を狭めてみましょう。

ちょっとしたスペースを確保して行う必要はありますが、鍛えたい部位をピンポイントに鍛えることも可能な手軽な方法です。

以上が手っ取り早く、上腕三頭筋の筋肉を鍛える方法についてとなりますが、一人暮らしでも実践が可能なトレーニング法としては、今回ご紹介した方法が最適です。

ぜひ、あなたのトレーニングの参考になればと思います。

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


二の腕の筋肉

ぜひヒトブロをフォローしてください