マンションのゴキブリ対策。あなたの部屋は大丈夫?

マンションのゴキブリ対策

ゴキブリは持ち家やマンション、アパートなど場所を問わずに出てくる厄介な生き物ですが、その侵入経路は全く異なるため、対処方法も住居次第で変わってきます。

それ以外にもマンション独自の発生要因や対策法もありますので、今回はマンションのゴキブリ対策をテーマにお届けしますね!

上の階は出ないのでは?

マンションの上の階には出てこないようにも感じますが、実はそうでもありません。

マンションには一般的にベランダに排水管があるのが普通ですが、この排水管は地面から屋上まで繋がっているため、この道を通じて入ってくる可能性があるのです!

なので、例えば10階、20階といった高層マンションに住んでいたとしても、出てこないとは限らないわけなのです。

奴らは、こんなものにくっついてくる

いくつか例を挙げてみましょう。

  • 植木鉢や宅配便のダンボール
  • 衣類や靴
  • 持っているバッグ

これらにくっついて部屋に侵入してくることが考えられます。では、一つずつ見てみましょう。

植木鉢

マンションで育てる場合はベランダに置くのが普通ですが、前述したようにゴキブリはベランダから侵入してくることもあります。
入ってきた際に、植木鉢の土に卵を産み付けている可能性があるのです。

ベランダはゴキブリの卵が育つにはとても良い環境です。人間は、土の中の卵に気づかずに、ゴキブリの卵を「飼育」していることに…。恐ろしや…

育て終わった鉢は、土まで片付けましょう。

ダンボール

宅配便は倉庫で保管され配達されるのですが、一時的ではあっても暗い場所を好むゴキブリが出やすい環境に置かれており、その時に卵を産み付けている場合もあるのです。

ダンボールはゴキブリのベビーベッド

どこに産み付けているか…
それは、ダンボールを断面から見るとわかりますが、

 

このギザギザの間に産み付けます。ここは、このような形状のため潰れないし、ダンボールの特性から保温性もあるので、ゴキブリが育つには最適の場所なのです。

家に余分なダンボールがある場合は即刻、捨てましょう。

衣類や靴・バッグ

衣服は体温によってある程度温かい状態にあることがほとんどです。

例えば、ゴキブリが多いのは居酒屋などですが、飲食店で脱いでハンガーにかけるタイミングってありますよね?この時にさりげなく侵入していることもあります。

靴やバッグについても通気性が良くないことが多く、内部の温度も高くなっていることが容易に推測できますし、それを地面に置いていたりすると中に入ってくる可能性は高くなります。

マンションの侵入経路は2つ!

マンションの侵入経路として挙げられるのは、ベランダの排水菅と外部から持ち込んだ物と共に入ってくる場合の2つになるかと思います。

出現場所となるとゴミ捨て場を始めとして他にもあるのですが、侵入経路として考えるのであれば押さえるべきはこの2点ですね!

ゴキの好きな食べ物を無くそう

これも当たり前の事なのですが、ゴキブリの好きな食べ物が存在すればその分、ゴキブリが増えることが予想されます。

対策としてはゴキブリの好きな食べ物をいかにして無くすか。これが大切になります。

髪の毛はしっかり掃除する

 

ゴキブリは塩以外は何でも食べます。ゴキブリは嫌!ということで、生ごみ等はしっかりと掃除している人も多いですよね。

しかし、見落としやすいものとして挙げられるのは「髪の毛」です。

人間は1日平均100本の毛が抜けます。じゅうたんや床を良く見てみてください。たくさん毛が落ちています。

特に男性は「すね毛」も落ちますので、コロコロなどで残さないようにするのがポイントです!

水回りも注意が必要

もう一点は、ゴキブリは水気のある場所を好みますので、「水」も好物の一つです。

水、一滴あれば数週間は生きることができるようなので、就寝前にキッチンを拭き取るだけでもゴキブリ対策としての効果は期待できるでしょう!

まとめ

ゴキブリ対策としてはバルサンを焚くのも有効ではあるのですが、このように場所に合わせた対処法を行うのも大事です。

侵入経路の把握と、好きな食べ物などを極力減らすことが対策として効果的です。

マンションを例に取ると、上記でご紹介した方法がおすすめとなりますので、ぜひ、お試しいただければと思います!

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

【画像あり】ゴキブリの卵は冬に駆除して絶滅させよう

2016.02.15

ゴキブリの生命力は強い!でも女性の私が◯◯したら消えた話

2016.02.13

マンションのゴキブリ対策

ぜひヒトブロをフォローしてください