花粉症でも熱は出ます!その特徴と治し方を徹底解説

花粉症の熱

花粉症と言えば花粉が原因となって起こる一時的な症状なので、熱は出ないと思われている方は結構多いのではないでしょうか?

しかし、実は花粉症でも熱は出ることがあるのです!
花粉症の症状は風邪と似ていますから、見分け方が難しいのが厄介な点でもありますね。

そこで今回は花粉症の時に熱が出る理由とその特徴、治し方などについてご紹介していきたいと思います。

 

花粉症でも熱が出る

前述の通り、花粉症でも熱が出ることはあります。

その理由としては「呼吸困難による脳が酸欠状態を起こしている」場合や「花粉アレルギーによる免疫反応」などが考えられます。

脳に送られる酸素が十分ではないと、酸欠状態を起こすと共に発熱の症状が見られますし、アレルギー反応による場合だと花粉が侵入してきた際に白血球が温度を上げて熱を生み出し、花粉を体外に出そうとする働きをします。

花粉自体は基本的に無害なので、ウイルスが侵入することによる風邪とは症状こそ似ていますが、原因は異なっていることがわかりますね。

風邪との違いは?寒気はある?

先程、少し触れましたが、風邪と花粉症はその発生原因に違いがあるのが主な相違点となります。

これは風邪の発生原因としてウイルスが主なのに対し、花粉症は花粉であるといった具合ですが、その他の類似点として寒気を伴うケースも見られます。

風邪とは発生原因が異なるのになぜ?と思ってしまいますが、その理由として考えられるのは体がウイルスと同様に花粉を異物の侵入と認識してしまうからだとされていますね。

体が花粉をウイルスと誤認する

言い換えれば誤認であり、ウイルスが侵入してきたときに体は免疫力を高めるために体温を上昇させようとします。

その際に体の内側は体温が高い状態になっているのですが、この時体温が上がっているのはあくまでも体の内側だけですので、体表面、つまり体の外側には熱が行き渡らない状態となっています。

ですから、体感的には寒気を感じてしまうというわけですね。

これはウイルスの場合ですが、花粉症の場合も花粉がウイルスと同じ異物として認識されるために同様の現象が起こっていると考えられています。

花粉症の場合の熱はどう治す?

花粉症の際に熱が出る要因についてはご紹介した通りですが、治すためにはどうしたらいいのかについても、ご紹介しておきましょう。

花粉症で熱が出た時、5つの対処法

花粉の場合は治し方というよりも、どう対処するか?という言葉が適切です。

花粉症の場合には、何よりも根本的な原因である花粉を体内に入れないようにする必要があります。

・マスクをする
・帰宅したら、服についている花粉を落とす
・空気清浄機を導入する
・加湿器を導入する
・鼻うがいをする

この5つを実践するだけでも、確実に効果が現れます。

花粉症の症状が基で起こる場合も、アレルギー反応の場合も基本的な対処法は同じです。

また、予防も大切ですが、それ以外にも免疫力を高めることでアレルギーに強い体質を作ることも大切となります。
この場合は食事内容にも気を使ったり、舌下免疫療法も視野に入れます。

 

以上が花粉症で熱が出る理由とその特徴、治し方についてでした。

共通する点として、花粉が体内に侵入することによって引き起こされる性質上、免疫力の向上と予防が治す上では重要になるでしょう。

ぜひ花粉を体内に入れない方法を実践していただき、これからの季節を無事に乗り切りましょう!

花粉症に関するまとめ記事

ヒトブロの花粉症に関する記事をまとめておりますので、ぜひご活用下さい。

【花粉症】症状が出る前にチェックすべき記事まとめ

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


花粉症の熱

ぜひヒトブロをフォローしてください