【一人暮らしに必要な家電の費用】これだけで暮らせる7選!

一人暮らし家電の費用

こんにちは、ゆんたです。

 

一人暮らしなど、人が生活するには必ず家電が必要になりますよね。

スーパーミニマリストなら、「何も必要ありません」ってなるかもしらんけど(んなわけ)、普通は必要です。

生活するために必要な家電費用の合計はいくらなのか?最低限、必要な家電はどんな種類なのか?ぜひ参考にしてみてください。

暮らすために必要な家電費用の合計

結論から言いますと、安い家電を選べば14万円程度でそろえることができます。

もちろんハイスペックなモデルを選ぶと、グンと跳ね上がります。エアコン付きの物件ですと、10万円あれば大丈夫。

では、さっそくその内訳を見ていきましょう。

必要な家電の種類とそれぞれの費用

テレビ

一人暮らしと言えど、ちょっと大きめのテレビは欲しいですよね。サイズで金額が変わってきますが、メーカーを選ばなければ32インチでも2万円台で購入できます。

有名な国内メーカーでも3万円台と、大変安く買うことができます。オススメは32インチです。

まー、僕の家はテレビないんやけど。

エアコン

エアコンは物件により付いている部屋も多いですよね。しかし、初めから付いておらず購入しなければならない場合、4万円前後はかかります。

工事費もかかりますので、エアコン付きでない物件は痛い出費になります。くー。

僕は石垣島に移住したので、エアコン必須。

冷蔵庫

メーカーを選ばなければ、2ドアの120リッター前後のものが2万5千円程で購入が可能です。

一人暮らしで、料理を頻繁にするという人は、もう少し大きいサイズで3ドアの200リッタークラスが良いでしょう。こちらですと、4万円前後です。

電子レンジ

料理はしないという人でも必ず必要なのが電子レンジ。これ絶対必要よな。

お弁当を温めたり、冷凍食品の調理、ホットミルクなど、必要になる時が必ず出てきます。温める機能しか付いていな電子レンジでも7千円前後ですので、購入をおすすめします。

炊飯器

ご飯だけ自炊をすれば食費も浮きますし、5千円もあれば、炊飯器は購入できます。

さまざまな機能がついた商品がありますが、炊いてすぐにいただくならこの価格帯で全く問題ありませんし、冷凍するならなおさらです。

蛍光灯

部屋の大きさにもよりますが、8畳であれば7千円前後で購入が可能です。もし予算が許すのであれば、LEDタイプのものを購入するようにしましょう。

省エネですし、コストパフォーマンスもよいです。たぶん。(おい)

洗濯機

コインランドリーを使うという人もいるかもしれませんが、金銭的にはあまりおすすめできません。一週間に500円のコースを2回利用するとして、一ヶ月で4千円、一年で4万8千円とかなり高額です。

それならば洗濯機を買ってしまいましょう。全自動洗濯機でも3万円台で十分購入が可能です。

あれば便利な家電

一人暮らしの家電費用

こちらはなくても問題ありませんが、購入できるのであればさらに快適な生活が送れます。

掃除機

部屋を綺麗に保ちたい人、潔癖には必需品。

やけど、8畳程度だと粘着タイプのコロコロなどで対応したほうが早いかも。ハンディタイプなら5千円前後、家庭用でも1万5千円あればいい掃除機が購入できます。

ドライヤー

これは、女性の方は必須アイテムですね。ピンきりですが、安いものでよければ2千円などで購入が可能です。

僕もハゲたくないので必須です。

DVDプレーヤー

映画が好きな人には必須アイテムです。最近ではどこでも購入ができ、DVDレンタルのお店でも商品を積み上げています。

価格は3千円という安値で購入ができますので、おすすめです。ブルーレイプレイヤーは安くても1万円前後です。

家電セットの本当のところ

さて、ここまで必要な家電をご紹介しましたが、春先になると家電量販店では「新生活応援セット」などのキャッチフレーズで、家電のセット販売がされています。

主力は中国製品…だけど侮るな!

実はこのセット販売、国内メーカーではなくハイアールなどの中国のメーカーが入っているので安いのです。

しかし中国メーカーだからといって、侮ってはいけません。冷蔵庫の販売シェアは世界トップクラスですので、信頼のおけるメーカーです。

格安でそろえるなら、こういったセット購入もありだと思う。

家電はよく考えて買うべし

一気に家電をそろえるのはおすすめしません。

自分の生活スタイルも把握できていない状態で全てそろえてしまうと、後悔することがほとんどです。家電だけでなく、他の家具との組み合わせもあるでしょう。

それに自分の好みもありますので、僕はゆっくりと別々に買うことをおすすめします。

リアル店舗を見て回ろう

購入する場所はネットも安くて魅力的ですが、実際に手にとって気に入った商品を購入したいですしリアル店舗ですと交換などの対応が早いので、その点では安心ですよね。

予算などの都合もあると思いますが、自分が気に入った家電を購入すれば愛着もわきますし長く使えます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

一人暮らしに必要な家電をまとめた記事もあります。

▶ 【一人暮らしの家電】必要なもの一覧とその特徴まとめ

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る  −  ヒ ト ブ ロ  


一人暮らし家電の費用

ぜひヒトブロをフォローしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です