壁ドンの意味は?やられたら逆壁ドンで返すべきか

壁ドン

近年、「壁ドン」という言葉はさまざまな意味を持つようになりました。

今では、男性が女性を口説く時のシチュエーションを表した言葉としても用いられるようになりました。
アパートなどで壁を叩くことによる相手への抗議の意思を示すことを指してもいますね。

ですが、元々の「壁ドン」は壁を叩くという意味で利用される言葉であり、隣人に対しての抗議や嫌がらせの際に用いられるのが一般的だったのです。

今回は、そんな抗議の意味でつかわれる「壁ドン」についてご紹介していきましょう!

壁ドンの意味

「壁ドン」の意味についてですが、先ほど少しご紹介したように壁を叩くというのが始まりで、相手への抗議や単純に壁を叩くことによるストレス発散の意味合いが強い言葉でした。

よって、恋愛用語として使われる場合だとシチュエーションの要素が強く、本来の意味としては何らかの要因があって実際に壁を叩く行為のことを指していると理解しておけば十分でしょう。

ウチに原因があるのか?

「壁ドン」をされた場合、こちら側に何かしらの原因がある場合も確かにあります。
「壁ドン」の定義とは抗議であるケースが大半ですからね。

こちらが悪い時に考えられる原因

  • 話し声がうるさい
  • 物を落とした
  • 話し声
  • 音楽の音

これらが挙げられますね。
壁ドンのほとんどの原因は、こちらの「音」が原因の場合が多いです。

もしかしたらワザとじゃないかも

  • たまたま壁に当たってしまった

このようなことでしたら、壁ドンはワザとじゃない可能性が高いですね。
しかしこちらとしては、判断ができませんから、もどかしいところです。

いずれにしても、必ずしもこちら側に原因があるとは限りませんので、その場合は別の要因を探ってみましょう。

例えば、マンションやアパートの様に人が集まって暮らしている集合住宅では左右だけでなく、上や下からも音が聞こえることもありますから、自分ではなく他の住人が起こしている可能性もありますね。

逆壁ドンで返したい!‥ダメ?

これは状況にもよるものの、おすすめは致しかねます。

気持ちはよくわかります。

しかし、たとえこちらに非がないとしてもやり返してしまうと住人同士のトラブルに繋がってしまう恐れがありますから、大家さんなどに間に入ってもらい、注意してもらうのが無難でしょう。

壁ドンに限った話ではありませんが、お互いにやったらやり返すということを繰り返していけば事態はどんどん悪化していきますし、泥沼化してしまうケースすら出てきます。

現実的な問題として隣人とは直接の関わりがなくとも、それなりの期間は隣り合わせで暮らしていかなくてはならないですから、あえて刺激する必要はありません。

壁ドンまとめ

ご紹介した意味での壁ドンは、するよりもされる方が問題になってくるわけですが、自分に問題がある場合を除けば対応も難しくなりますね。

かといって壁ドンでやり返すという考え方よりも、管理人に相談して自分でない場合にはその旨を隣の方に伝えてもらうなどの手段を取らなくてはいけません。

また、ほとんど見られませんが、意図的にストレス発散で行っている場合もあるので、その場合には警察への通報も含めた対応を考える必要があるでしょう。

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

こちらもよく読まれています。

隣人がうるさいときの完全必勝法3つ【会わずして勝つ】

2016.02.09

壁ドン

ぜひヒトブロをフォローしてください