【一人暮らしの水道代】神ワザ節約術とみんなの平均値

一人暮らし 水道代

一人暮らしを悩ます水道料金。
水道局からの請求書を見て「・・・くぅ〜!」と叫んだ経験があると思います。

今回はみなさんの水道料金を「おっ?」と言わせる、ちょっとうれしい気分になる記事です。
まず平均的な水道代を知り、神ワザ節約術をお伝えします!

 

一人暮らしの水道代平均値

一人暮らし 水道代2

平成26年度の総務省家計調査によりますと
一人暮らしの水道代平均額は2029円です。

地域の自治体によってかなり費用は変わりますが、おおよそ2000円〜2500円を目安にしたいところです。

住む地域で違う水道料金

水道料金は上水と下水に分かれていて、その合計が水道料金となります。
水道料金は、電気と一緒で使用量で決まるのですが、全く使用しなくても基本料金が発生します。

この、基本料金というのは「0㎥〜○㎥までは同じ料金ですよ」という事で、上限の◯の部分はお住まいの自治体によって違います。
基本的には1ヶ月で10㎥までの使用量を基本使用量としているところが多いようですね。
水道は2ヶ月ごとの支払いですので、20㎥ということになります。

水の管理は国ではなく市町村が管理しており、浄水にかかる費用などで料金が変わります。
また島は水道料金が高い傾向にあります。

今日からできる神ワザ節約術

東京都水道局によりますと

「トイレ」「風呂」「炊事」「洗濯」「洗顔・その他」の順番で水道料金が高いとのこと。

トイレが多いなんて意外ですね。
では、1つずつ節約法を見ていきましょう。

トイレの節約法

タンクにペットボトルを入れる

実践している人も多いかもしれませんが、トイレの貯水タンクにペットボトルを入れる方法です。
毎回ペットボトル分の水が節約されますので、かなりの節約になります。
ですが注意点がひとつ。
たまる水が少ないということは、「大」で流れる水も少ないということなので、掃除はしっかりするようにしましょう。

流す時は「小」でながす

みなさんのトイレのレバーも「大」と「小」があると思いますが、大は約8リットル・小は約6リットルの水が流れます。
「大」をしたときは大レバーを使ってしまいますが、基本的に小の水でも流れますので小を使うようにしましょう。
小のレバーを引きっぱなしにし、「全部流れたな」と思ったら、レバーを戻せばOKです。

風呂の節約法

一人暮らし 水道代1

浴槽へためる水量を調節

浴槽へためる場合は、半身浴ができる程度にしましょう。
半身浴はガス代も節約できますので、おすすめです。

タイマーを利用する

自動給湯でない場合、100円均一のもので良いのでタイマーを使用しましょう。
「そろそろかな?」などの直感では何度も満タンにしてしまうでしょう。

シャワーのみにする

男性であればシャワーのみの方が、使用量が少なくて済みます。
女性は湯船にためた方が結果的に使用量は少なく済むと思います。

キッチンの節約法

節水コマを使う

ホームセンターなどで売っている「節水こま」を使えばかなりの水を節約できます。

「節水コマ」とは、蛇口の中に取り付けるだけで、最大50%もの水を節約できるすぐれもの。
一度取り付ければ、その効果は続きますので設置しない手はありませんね。
お住まいの物件によっては、初めから節水コマが付いている蛇口もあります。
蛇口にシールなどが貼ってある場合もありますが、なければ管理会社や大家さんに確認しましょう。

洗濯の節約法

お風呂の残り湯を使用する

洗濯はなるべく風呂の残り湯を利用しましょう。1回の洗濯につき約55リットルの節約になります。

水道の蛇口は90度開栓

水道の蛇口を前回にしている人がほとんどだと思いますが、90度開栓にすると1分間の水量を減らすことができます。
21リットルだったものが、12リットルまで抑えることができますので、おすすめです。

その他の節約法

水を出しっぱなしにしない

一人暮らしでやってしまうのが、「歯を磨くときの水出しっぱなし」ですね。
歯を磨いている3分間で、36リットルくらいは水が出ているのです。
1ヶ月にするとかなりの水量になることは安易に想像できますね。
テレビをみながらなどの「ながら歯磨き」を実践すれば水も止めますし、歯にも良いです。

一人暮らしの水道代節約まとめ

一人暮らしの水道代平均額は2029円

トイレの節約法
・タンクにペットボトルを入れる
・流す時のレバーを「小」にする
風呂の節約法
・浴槽へためる水量は半身浴ができる程度にする
・シャワーのみにする
・タイマーを利用する
キッチンの節約法
・節水コマを使う
洗濯の節約法
・お風呂の残り湯を使用する
・水道の蛇口は90度開栓
その他の節約法
・水を出しっぱなしにしない

 

いかがでしたか?
こうリストにしてみると、今日からでも実践できそうなことがたくさんありますね。
あなたが次回の請求書を見た時に、笑顔になればうれしいです。

一人暮らしの節約術まとめはこちら

ヒトブロの一人暮らし節約術に関するコンテンツをまとめた記事です。
ぜひご覧になってください。

【一人暮らしの節約テク】食費や光熱費など完全網羅!

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

 


一人暮らし 水道代

ぜひヒトブロをフォローしてください