一人暮らしの食費はどう節約すべき?お金をためる思考法

一人暮らしの食費

一人暮らしをしていく中でお金をためるためには、食費の節約が重要な要素の一つになるかと思います。

節約することで生活費にも余裕が生まれてきますから、一人暮らしをするのであれば食費の節約方法は知っておいて損はない知識の一つです。

そこで今回は、一人暮らしの食費の節約法についてと、お金をためる思考法をご紹介します!

まとめ買いをする

まとめ買いをすることは、食費を節約するための最も基本となる方法の一つで、スーパーなどの安売りの日を狙って、数日分をまとめ買いしておくなどが該当します。

安売りの日、つまりは特売日などで提供される価格と一般的な価格とでは大きな差がありますし、多く買えば買うほど結果的に得をする形になります。

それなりに長い期間、保存できる物ならばより効果的でしょう!

コンビニはダメ!

コンビニは近くにあることが多いので、つい利用してしまいますが、基本的には避けた方がいいですね。

コンビニは他の物も買ってしまう

コンビニはついで買いをしやすいので、節約する人は立ち寄らない方が良いです。

それにコンビニに売られている商品は、全体的にスーパーなどよりも高く設定されていますので、食費を節約しようとするなら利用してはいけません。

一人暮らしの方を対象にしているとはいえ、値段が高ければまとめ買いも難しいですから、便利ではあるものの、節約前提ならば利用は控えた方がいいと思います。

お買い物、ちょっとのハシゴはOK

ここで言うハシゴというのは、食材別に購入場所を変えるという意味になります。例えば野菜ならば八百屋で買う、お肉は精肉店で買うと言った具合ですね。

野菜は八百屋が狙い目

まず、野菜に関してからお話ししますが、野菜は八百屋の方が安く売られている場合も多いです。

スーパーと違い、特売日など日替わりでの値段の変動が少なく、比較的安定していることなどが特徴になるでしょう。

しかし全ての八百屋がそうではありませんから、最初は見て回る必要があるのですが、安い店を見つけることができれば、それ以降は安価で野菜を購入できますよね!

精肉店や鮮魚店は新鮮さがウリ

精肉店の場合にはグラム単位で購入ができるので、必要な分だけ購入することにより、無駄なコストを省くことができます。

魚についてはスーパーの方が個人店よりも安いことが多いですが、鮮度が気になる方は魚屋さんをのぞいてみるのもいいですね。八百屋さん同様に、安価で提供している店もありますよ!

缶詰を積極的に使おう

缶詰はお手軽なイメージもあるかと思いますが、「サバ缶」や「ツナ缶」のように栄養価が高い物も多く、且つ値段も非常に安いので、一人暮らしの方に最適な物の一つです!
血液サラサラを目指す人は、ぜひ取り入れましょう。

一人暮らしをしていると、どうしても栄養が不足しやすくなりますから、健康管理の面でもおすすめですよ!

まとめ

  • スーパーの安売りの日にまとめ買いする
  • コンビニは値段が高いので利用を控える
  • スーパーでなく専門店で購入した方が安い場合も多い
  • 缶詰は栄養価が高く、値段も安いので一人暮らしには最適

まとめると、このようなことでした。

押さえておきたい点として、食材を安く購入するためには、こうした仕組みの理解が最も重要になるということですね。

特にコンビニなどは利便性が高いことから利用も増えて、費用がかさむ元になってしまいますから、注意してください。しっかり節約して、楽しい一人暮らしライフを送りましょうね!

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

こちらもおすすめです。

一人暮らしの食費は1万円で!一ヶ月自炊のヒント集

2015.12.21

【一人暮らしの食費】みんなの平均はいくら?節約術も!

2015.12.04

一人暮らしの食費

ぜひヒトブロをフォローしてください