一人暮らしの栄養不足。栄養価の高いものはコレだ!

一人暮らしの栄養

一人暮らしだと、バランス良く栄養を摂るのって難しいですよね。
みなさん、自分の好きなものを優先して食べているのではないでしょうか?

偏りがちな食生活は、知らず知らずのうちにあなたの不調を招いているかもしれません。
今回は一人暮らしに不足しやすい栄養素と、だからこそ食べたい栄養価の高いものをご紹介します。
あなたに足りない栄養素をしっかり補給して、快調な生活を目指しましょう。

 

一人暮らしで不足しやすいな栄養は?

一人暮らしの栄養1

ビタミンA

免疫力や視力、繁殖力を正常に保つ為に必要不可欠な栄養です。
不足すると免疫力低下、視力低下を引き起こします。
色の濃い野菜を食べない人は不足傾向にあります。

カルシウム

歯や骨の構成要素、体の生理機能を安定させ、イライラするのを防いでくれます。
不足すると骨粗しょう症や高血圧、情緒の不安定さを引き起こします。

食物繊維

血中コレステロール・血糖値の抑制効果があり、糖尿病予防や高血圧防止に効果があります。
不足すると便秘、肌荒れ、肥満、高血圧の危険があります。

鉄分

体に酸素を運ぶヘモグロビン(血液の成分)の要素となり、免疫力の維持に大切な栄養分です。
足りないと慢性的なだるさ、疲れ、集中力の欠如、息切れなどを引き起こします。

一人暮らしが摂りたい栄養価の高いもの

[もずく酢]

スーパーで三個パック入りが売られていますよね。
もずくのぬめり成分とお酢の酢酸は血液をサラサラにする効果があり、食物繊維の一種である「フコダイン」が豊富に含まれています。
それらが腸内環境を整え、胃潰瘍の原因となるピロリ菌を抑える働きをしてくれます。

さらにコレストロール値を下げてくれるので、糖尿病・高脂血症を予防するのにも効果的で、抗酸化作用が強くがん予防効果も期待できます。
このような効果から、食事のバランスが崩れやすい一人暮らしにはぴったりの食品です。
調理する手間もいらず、冷蔵庫に常備しておけるので便利だと思います。

[ひじき]

体に良いと聞くことが多いかもしれませんが、具体的に何がどう良いのかご存じでしょうか。
ひじきはカルシウムが牛乳の約12倍、成分の約半分が食物繊維でごぼうの約7倍、鉄分は鶏レバーの約6倍と、不足しやすい栄養素がたくさん含まれているんです。
便秘解消、美肌効果があり中性脂肪を減らすタンニンが含まれている為、脂肪をつきにくくする効果もあります。
最近ではコンビニやスーパーで一人分に袋詰めしたものが売られているので、自分で作らなくても食事にプラスできますよね。

[イワシの缶詰]

サバ缶が話題になったことがありますよね。
実は同じ青魚のイワシの缶詰にも、うれしい栄養があるんです。
ミネラル類が豊富で青魚の中ではカルシウムの多さがNo.1!
ビタミンDと結びついて丈夫な骨を作ります。

肉類にはほとんど含まれないEPA、脳の発育に必要不可欠なDHA、美肌効果のあるコラーゲが含まれています。
動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞予防にも効果的です。
おつまみにもご飯のおかずにもなり、保存期間の長い缶詰は一人暮らしには心強い味方ですね。

まだまだスーパーには素晴らしい食品がたくさん並んでいます。
時間がある時に、ゆっくりとながめてみてはいかがでしょうか。
余計なものを買ってしまいますので、おかかが空いていない時にしましょうね。

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


一人暮らしの栄養

ぜひヒトブロをフォローしてください