一人暮らしに必要なお金。あなたの考えは甘い?

一人暮らしのお金

この季節、春からの一人暮らしに向けて、期待と不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

そんなドキドキの一人暮らしをするにあたり、しっかり把握しておきたいのが月に必要なお金ですよね。なるべく抑えるのが理想ですが、慣れない一人暮らしを始めたばかりでの生活費節約は、なかなか難しいものです。

そこで今回は節約しないで生活した場合の、平均的に必要なお金のことをご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい!

水道光熱費は最大で15,000円

1ヶ月の平均

  • 電気 ¥4,000
  • ガス ¥3,000
  • 水道 ¥2,500

水道光熱費とは水道・電気・ガス・灯油代など生活に必要なエネルギーの費用のことです。生活スタイルによってバラつきはありますが、一人暮らしの場合、合計で月1万円あれば足りるようです。

しかし、これはあくまでも平均。気にせず思う存分使用していたら、すぐに金額は上がりますが、最大でも15000といったところでしょう。

夏は冷房器具使用、冬は暖房器具使用&灯油代などで増えることを覚悟しておきましょう。ガス代はプロパンか都市ガスでも変わってくるので部屋探しの時の結構重要なポイントです。都市ガスの方が料金は安いこともポイントです。

食費は最大でも60000円

一カ月平均

  • 自炊派 ¥15,000~¥20,000
  • 外食派 ¥40,000~¥50,000

自炊派ではお弁当を作っている人も多いようです。ほぼ自炊でたまに外食をしたとしても、3万円未満に収めている人が多い印象です。

外食派でも、毎食安い物で済ませるかそうでないかで大きな差がでるところですが、だいたい昼・夜合わせて1400円程度使うのが平均的なようです。

最大でも1日2000円使ったとして、60000円くらいでしょう。もちろん贅沢しなければの話ですが…

交際費は最大30000円を目安に

一カ月平均

  • ¥10,000~¥20,000

交際費は恋人がいるかどうかでも変わってくるところですが、大体1万円~2万円前後というところでしょう。社会人になると、職場での飲み会など仕事上の付き合いが増えることから、交際費も多めに掛かるようです。

しかし、この費用は青天井なので、使えばそれだけ膨れ上がります。しっかりとコントロールすることが必要ですね。

日用品費は最大でも10000円

一カ月平均

  • ¥3,000~5,000

シャンプー・石鹸・トイレットペーパー日常生活で使うものに必要な日用品費は、一般的に男女で異なってきます。

女性は化粧品も購入する分使う金額は多めになると考えましょう。しかし最近では、女性以上に美容に力を入れる男性もいるようなので、女性と男性の日用品費の異なり無くなっているのかも?

多めに見て、最大10000円といったところでしょう。

その他費用

上記以外にも一人暮らしには

  • 通信費
  • 医療費
  • 衣類費
  • 交通費

が必要です。予想しておらず、突発的に発生する費用もありますしね。

  • 「電化製品が壊れた!」
  • 「お祝いを贈らなければいけない!」

などなど。

そしてこれらの金額に、家賃がかかります。一人暮らしに掛かる費用を甘く見ていると、生活費と家賃の支払いでお金が消えてしまう!なんてことになりかねません。
最初に自分の生活スタイルと、それに掛かるであろう金額を試算しておきましょう。

なんとかなるだろうと思っていても誰も助けてくれないのが一人暮らしです。しっかりお金は意識して節約して、楽しい一人暮らしを満喫したいですね。

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

こちらもおすすめです。

一人暮らしは節約するといくらで乗り切れるか?

2016.02.24

【貧乏な君へ】一人暮らし料理の激安食材・BEST10【しかも高栄養価】

2016.01.16

一人暮らしのお金

ぜひヒトブロをフォローしてください