【ハムスターの寿命は?】もし最期が来たら・・・

ハムスター 寿命2

ハムスターは、一人暮らしや飼育初心者でも飼いやすいペットです。

こちらでは、ハムスターの平均寿命や長く生きてもらうためのコツ、そして最期はどうすべきか?にフォーカスしております。
ぜひ参考にしていただき、すてきなハムスターライフを送ってくださいね。

 

ハムスターの平均寿命は2年〜3年

ハムスターの平均寿命は2年〜3年と言われております。
やはり体が小さいためか、本当に長くても4年が限界のようです。

こちらの表をご覧ください。
いかにハムスターの寿命が短いか、おわかりいただけると思います。

ハムスター 寿命

人間が1日過ごすあいだに、ハムスターは20日以上過ごしているのです。
人間にとっては何でもない1日でも、彼らにとっては密度の濃い時間を過ごしているのですね。

寿命が長い種類は?

ペット業界ではゴールデンハムスターが長いとされています。

ですが上記の表は平均値であり、一番左右される要因としては飼育環境にあります。
環境が良ければ3年半以上生きる子もいますし、個体差もありますから参考程度にしておきましょう。

長く生きてもらうためには?

こまめな定期検診

ハムスターは自身の病気やケガを隠す動物と言われています。

ですので、飼い主が気づいた時には手遅れだった・・・・
ということになりかねませんので、定期的に専門医に診てもらうようにしましょう。

エサについて

エサはペレットで良いとされていますが、それだけでは偏った栄養になりますので、
一週間に2〜3度、穀物やミックスフードを与えるのが理想的ですね。

ハムスターのエサの適正分量は体重の7%前後です。
10%以上になると肥満になる可能性が高く、寿命にも直結しますので十分注意しましょう。

エサをあげるタイミングとしては、夜行性のハムスターは起きた頃に餌を食べ始めますので、夕方に餌を与えるようにしましょう。
また、お水も毎日こまめに取り替えます。

寿命(最期)の兆候とは

あまり考えたくはありませんが、次のような傾向があります。

・歯が抜ける
・目の輝きが薄れてくる
・極端な体重の減少
・関節が曲がらず、ぎこちない歩き方
・毛が薄くなる

このような症状が見られる場合は、寿命が近づいているのだなと考えましょう。

もし最期が来たら

ハムスター 寿命1

個人的な所感ですが、いつもと違う食事などを与え、無理に延命したりしないでくださいね。

確かに愛おしいハムスターが長生きすることは良いことですが、自然な形の見送り方をするのも飼い主の責務だと思います。
私も経験がありますので、お気持ちは痛いほどわかります。

「最期はどうしたらいいのかな?」

この気持だけで十分と思いますし、ハムスターにもしっかりと伝わると思います。

もし何かしてあげるとしたら、あなたの「声」をたくさん聞かせてあげてください。
旅立ってもあなたの声が力になり、しっかりと歩いて行けると思いませんか?

 

一人暮らしのペットをまとめた記事ですので、よければご覧ください。
▶ 【一人暮らし】おすすめの飼いやすいペットまとめ

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


ハムスター 寿命2

ぜひヒトブロをフォローしてください