【一人暮らしのガス代】平均金額と効果抜群2つの節約術

一人暮らし ガス代

一人暮らしの悩みの種、ガス代。
ガス会社からの請求書を見て「・・・くはぁっ!」と叫んだ人は数多くいるかと思います。

今回はみなさんの「くはぁっ!」が「おっ?」に変わるような、ちょっとうれしい気分になる記事です。
平均的なガス代をまず知り、それから最高の節約術をお伝えします。
では、さっそくいきましょう!

 

一人暮らしのガス代平均

一人暮らしの平均ガス代(冬)

プロパンガス 7,000円~12,000円
都市ガス   3,000円~5,000円

一人暮らしの平均ガス代(夏)

プロパンガス 3,000円~5,000円
都市ガス   2,000円~3,000円

出典:総務省統計局調べ

プロパンと都市ガスではかなりの差が出ていますね。
では、なぜこんなに違うのか見ていきましょう。

ガスの種類で料金が違う

都市ガス

都市ガスはインフラが整備されており、ガス管が地下に通っている世帯に利用されています。
全世帯の半数は都市ガスを利用しています。

プロパンガス(LPガス)

残りの半数の世帯はプロパンを使用しています。
ガスボンベを業者さんに運んでもらい、それを利用する方法ですね。
プロパンガスは都市ガスの2.2倍の火力があり、料理をする人はプロパンを好む傾向にあります。
都市ガスよりもガス代が高いのが特徴です。

プロパンガスはなぜ高いのか?

プロパンガスは実は公共料金ではありません。
自由料金なので料金が高く設定されており、行政機関が指導することがないのです。
ガソリンスタンドと同じで、販売店により仕入れの金額も異なりますので、料金は高くなる傾向にあります。
インフラが整っていない地域(地下にガス管が通っていない世帯)は都市ガスは利用できず、プロパンを使用せざるをえません。

ガス代を節約する方法

一人暮らし ガス代1

節約その1:あなたの生活を見直す

大切なことを言います。

ガス使用量のほとんどは、給湯器によるものです。
これを理解しておけば節約は実に簡単です。

主に給湯器を使うのは次の2つです。

1. お風呂

追いだきや一人暮らしでやってしまうシャワーの出しっぱなしは、論外だということがわかりますね。
以下の3つのポイントに注意してください。

・お湯の設定温度は40℃
40℃以上になると、興奮状態になると言われておりますので、リラックスしたバスタイムを楽しみたいなら40℃の温度設定にしましょう。

・ためる場合の湯量は120L
半身浴は120リットルくらいがちょうど良いですね。
実はシャワーもためるのもさほどガス消費量は変わらないのです。

・追いだきは厳禁!
とてもガスを使用しますので、節約を考えている人は厳禁です。
これは、初めから入れるのと変わらないくらいのガスを消費します。
どうしてもそのお湯を使用したいなら、フタを利用するなど保温に力を入れてください。

2. キッチン

・ゴム手袋を活用
食器を洗うときは、ゴム手袋を使用することでガスを利用するのを控えましょう。
手あれも防げますし、一石二鳥です。

・コンロにかけたお鍋はフタをする
調理スピードも上がりガス代の節約になります、保温にも効果があります。

節約その2:ガス会社変更を検討する

生活を見直すだけでもかなりの節約ができますが、徹底してやりたい人はこちらを参考にしてください。

ガス会社を変更して設定料金を安くする

入居時から、ガス会社を変更していない人がほとんどではないでしょうか?
実は、プロパンガスの販売会社は変更ができるのです。

先ほどお伝えしましたが、プロパンガス会社は自由料金設定で、販売店によって料金はまちまちです。
ならば、安い会社に変えてしまおうというのが今回の節約法。

販売会社の乗り換えをするときは、無料で相談にのっていただけるので一般社団法人プロパンガス消費者協会を利用しましょう。
友人や知人と比較して、「ガス料金が高いなぁ」感じる方は積極的に利用してください。

一人暮らしのみなさんは、集合住宅に住んでいるケースがほとんどだと思いますが、ガス会社を変更できる権限は物件の所有者である大家さんにしかありません。
まず大家さんに相談して了解をもらうことが必要になりますが、住居人のガス代が安くなるなら悪い話ではないので、突っぱねられることはないと思います。
料金が高いと感じている人は、ぜひトライしてみてください。

一人暮らしのガス代節約術のまとめ

1. 一人暮らしの平均


プロパンガス 7,000円~12,000円
都市ガス   3,000円~5,000円


プロパンガス 3,000円~5,000円
都市ガス   2,000円~3,000円

2. 給湯器が一番ガスを消費する!
・お湯の設定温度は40℃
・ためる場合は120リッター
・追いだきは厳禁!
・食器洗いはゴム手袋を活用
・鍋にはフタを

3. ガス会社変更を検討してみる

 

いかがでしたか?
気をぬくと跳ね上がるガス代、いくつかの節約ポイントをお伝えしましたが、ぜひ参考にしてみてくださいね。
毎月のガス請求書、あなたが笑顔になりますように。

一人暮らしの節約術まとめはこちら

ヒトブロの一人暮らし節約術に関するコンテンツをまとめた記事です。
ぜひご覧になってください。

【一人暮らしの節約テク】食費や光熱費など完全網羅!

 

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


一人暮らし ガス代

ぜひヒトブロをフォローしてください