あなたの髪がサラッサラになるドライヤーでの乾かし方

ドライヤーの乾かし方

こんにちはAiです。

ドライヤーで髪を乾かすと、パサパサになってしまうと感じていませんか?それはドライヤーが悪いのではなくて、間違った乾かし方をしているからかもしれません。

パサパサ髪に悩んでいるのなら、まず髪の乾かし方から変えてみましょう。

今回は、今日からできる「あなたの髪がサラッサラになる」髪の乾かし方をご紹介します。まずドライヤーについて少しおさらいしましょう。

ドライヤーって髪を傷めるんじゃないの?

ドライヤーの熱が髪の毛を傷める原因のように思われがちですが、それは違います。ドライヤーで髪を乾かした場合に起こる傷みは多くが

  • 「オーバードライ」

乾かし過ぎによるものとされています。つまり、必要以上にドライヤーで熱を与えなければ、そこまで髪が傷む心配はないのです。

くろくろ♥ 黒髪。 バッサバサ😵💥 #毛染め #バサバサ #汚い #黒髪

A post shared by MasudaYUKO(高橋ゆうこ) (@yuko.777) on

髪をきちんと乾かさないと・・・

  • 付着したままの水分で雑菌が繁殖しフケやかゆみ、臭いの原因になる
  • 髪と頭皮が濡れたままだと頭皮が冷え、血行が悪くなり髪の成長を妨げてしまう
  • 濡れたままの髪は、キューティクルが剥がれやすいので、枕との摩擦などで髪が傷む原因となる
  • 濡れた髪は癖が付きやすいので、寝癖の原因となる

ドライヤーで髪を乾かすことで、これらを防ぐことができます。

サラッサラに乾かすためのポイント5つ

それでは、サラサラ髪にするための乾かし方を5つ紹介します。

1.タオルドライの前によく髪の水分を絞る

もう水分が出ない!というところまで絞りましょう。余計な水分があると、ドライヤーの熱が伝わりづらく髪がなかなか乾きません。

2.タオルドライは髪の水分を押さえるように

タオルで髪を挟み込むように押さえ、水分を取っていきましょう。これにより頭皮の水気も取ることになり、ヘアドライ用の速乾性タオルなどを使うと、しっかりと水分を取ることができます。

3.洗い流さないトリートメント

しっかりとタオルドライしたら、髪の毛を摩擦やドライヤーの熱から守り、うるおいを与えてくれる洗い流さないタイプのトリートメントを使用します。手全体によく馴染ませ毛先、髪全体にのばしていきましょう。

さまざまな種類の洗い流さないトリートメントが販売されていますので自分の髪質、髪の悩みに合ったものを選んでくださいね。使わない時と使った時では仕上がりが大分違います。

ちなみに私のおすすめはこちらです。安くてハイクオリティー!

4.ドライヤーは髪から15~20センチ離し、頭皮に近い内側から乾かしていく

根元から毛先に向けて頭皮・毛先には直接当てないようにブローします。

毛先は一番ダメージを受けやすく、乾きやすいところなので直接ドライヤーの熱を当てるのはNG!風を一点に集中させるのではなく、髪の毛を散らすように全体的に当てていきましょう。

5.8~9割乾いたら、冷風モードに切り替え全体に当てる

乾かし過ぎは髪を傷める原因となってしまうので、完全に乾く前に冷風モードに切り替えます。最後に冷風を当てることで、髪と頭皮の栄養を逃がさず、うるおいある髪に仕上げることができます。

いかがでしたでしょうか?ドライヤーの使い方1つで、仕上がりが格段に違いますので、ぜひ試してみてくださいね!

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


ドライヤーの乾かし方

ぜひヒトブロをフォローしてください