【自由に生きたい人へ】大学生のうちに絶対やるべきこと

大学生のときにやるべきこと

こんにちは!YUMAです。

大学生のみなさんは、どんな将来を想像していますか?
そして、どんな人間になりたいですか?

こんなこと聞かれて、パッと答えられる人は少数かもしれませんね。

  • ワーホリに行きたい
  • いつかは事業をおこしたい
  • フリーランスでガンガンやりたい
  • 取りあえず会社に就職して考える
  • まだ、イメージがない

いろいろな考えがありますが、こんな感じじゃないでしょうか?

もちろん、私も学生の頃からしっかりとした考えはありませんでした。
いや、むしろチャランポランでしたね(笑)

大学1年間で取得した単位は8単位。
今となっては笑い話ですが、やはり後悔はしています。

そんな私も今では起業し、どこでも仕事はできるので海外で過ごしたり、日本で過ごしたり自由にさせてもらってます。

自由に生きたいと思う人はたくさんいると思います。
今回は、私が大学生のうちにやっておいたほうが良い事、経験しておいたほうが良いことを重点的にお伝えします。
あまり、一般論は言いません。
私の主観でお伝えしますので、どうぞ読み通してみてください。

大学生の時にやるべきこと:勉強

大学生のときにやるべきこと勉強

今、何人の人が「あーはいはい、わかってますよ」と思ったことでしょう。
あなたも例外ではないですよね?

ご両親からは「学生の仕事は勉強なんだから、しっかり勉強しなさい」と言われていることと思います。
意識が高い人は、自ら進んで勉強しているかもしれませんね。

しかしですね、実際遊びたいんですよ、はい。

特に一人暮らしなんかしていると、両親の目が届かないですよね。
もうね、やりたい放題なんですね。

とにかく遊びたいその気持、すごくわかります。

実際、私は全く勉強していませんでしたからね。
もう、「意識低い系」の代表みたいなものでした。

この道!と決めている人は、極めてほしい

専門学生の人も大学生の人も、やはり勉強はしたほうが良いです。

この道で生きていくんだ!という固い決意の人は、現在専攻していることを極めてください。

一つのことをやり続けると、必ず道が見えてきます。
「続ける」ということがいかに大切で、重要なことかが大人になってわかります。

まだ目標がない人は、ネットリテラシーを学んでほしい

まだ目標が立っていない人。
ぜひネットリテラシーを学んでください。
使いもしない資格など、時間の無駄です。

ネットリテラシーは簡単に説明しますと、「インターネット上の情報を、正しく使えるスキル」です。

合わせて、デジタルテクノロジーをバリバリに使いこなせるようになってください。
スマホ・タブレットなどのデバイス、そしてアプリですね。

インターネットには間違った情報もたくさんある事は、ご存じかと思います。
そうですね、90%以上は不要な情報、もしくは間違った情報です。

グローバル化と言われてだいぶ時が経ちましたが、他国との壁が低くなった今、必ず必要なスキルですのでぜひ意識してください。

大学生の時にやるべきこと:自己啓発本を読む

私が後悔しているうちの1つ。
この自己啓発本は「意識高い系」の社会人が読むような印象ですが、ぜひ学生のあなたにも読んで欲しい。
これらの本の筆者は、何年〜何十年という長い年月をかけてデータを蓄積しマニュアル化し、経験を積んできています。

何がすごいかって、それをたった一冊の本で習得できる(考え方の部分は)ことです。

こんなに「おいしい」本はないでしょう。

あなたは遅かれ早かれ、こういった本を「レベルアップ」したい時に読むことになります。
同期に触発されることもあるでしょうし、上司に勧められることもあるでしょう。

大学生のうちに読んでおくことで、他の同期とかなりの差を付ける事ができますので、ぜひ読んでみてください。

自己啓発本を読む時の注意点

1つ注意点があります。

それは、たくさん読まないということです。
読むことが目標となり、身につかなければ全く意味がありません。

それに、ただのノウハウコレクターでは嫌味な野郎ですので、たくさん読むのはおすすめしません。

書店に行けば、ビジネス書ランキングがあると思います。
昨年の年間ランキングでも良いので、上位1位から多くても5位くらいまでにしておきましょう。

大学生の時にやるべきこと:接客業

大学生のときにやるべきこと接客

さまざまな職業のアルバイトを経験した方がよいこともあります。
その分、人脈が広がりますからね。

しかし私は、「接客業」に従事して欲しいと思います。
この接客業から得られるスキルは、あなたの人生を大きく左右するほどのものです。

接客業アルバイトから得られるもの

  • 対人スキルの習得
  • コーチングのスキル習得

この2点が主に得られるスキルです。

選ぶとしたらアルバイト10人以上、エンドユーザー(一般顧客)相手にしているお店が良いですね。

対人スキル

人の気持が理解できるようになります。
もちろんクレーマーなどもいるから、嫌だ!という人もいるかもしれませんね。
でも、クレーマーも冷静に見ると面白いんですよ。

お客様の身振り、目線のやり方、体が向いている方向、声の大きさやトーン

人は意識していないところで、いろいろな情報を発信しています。
それらをキャッチし対応を変える。

これができるようになれば、企業で頑張ろうとした時・自分で起業しようとした時、かなりの武器になります。

これは、お金で買おうと思っても買えるものではありませんから、特におすすめです。
違う言い方をすれば、「人を見る力」ということでもありますね。

コーチングのスキル

アルバイトしていると、後輩アルバイトも入ってきますよね。
コーチングとは「教えるスキル」です。

なんだ、そんなことか。と思われるかもしれません。
しかしこのスキルはとても奥が深い。

相手の目の動きや、態度などを読み取りコーチング内容を変更したりし、個々に合わせた教え方をしていきます。

今は、ネット上で完結できる仕事も増えてきました。
そんな時に役に立つのもこのスキルですね。

顔を合わせないということは、文字だけのやり取りということです。
相手の感情がわかりませんので、慎重に進めていかなければなりません。
言葉使い、句読点、改行などを読み取り、対応していきます。

今からさらに需要が出てくるこのスキルは、起業しようとしている人へおすすめします。

まず従業員へ教えるのはあなたですよね?
従業員は資産です。
私が考えるのは、CS(顧客満足度)=ES(従業員満足度)

ESにも直結するスキル、ぜひ習得してみてください。
アルバイト前にコーチングに関する本などを読むことをおすすめします。

大学生の時にやるべきこと:一人暮らし

大学生のときにやるべきこと一人暮らし

大学生の醍醐味といえば一人暮らしではないでしょうか。
家族の誰にも気を使わない空間というのは、一人暮らしならではの楽しみですよね。

生活の感覚が養われる

これは、今まで家族の誰かがやっていた「お風呂の準備」や「洗濯」などを自分がやるようになることにより、生活のリズムというものがつかめます。
自分が就職した時、家庭を持った時にも大切な感覚で、生活のペース配分ができるようになります。

料理ができるようになる

これを読んでいるあなたが男性なら、なおさら大切なことです。
男性は料理をしない傾向にありますから、ぜひ意識して習得してみてください。

料理ができれば、作り手の気持ちも理解ができますし、何より1人でも生きていく事になっても大丈夫です。

今はなき私の祖父は、お湯を1人で沸かすことすらできない人でした。
すべて、祖母に任せていたのです。
もし、相方がいなくなってしまったら・・・そう考えると、出来ることにこしたことはありませんね。

それに学生時代、あなたにお金がない時期が来ると思います。

そんなとき「貧乏飯」が役に立ちますが、これを作るのも学生のうちです。
良い経験になりますので、ぜひ作ってみてください。

洗濯や掃除のスキルが身につく

一人暮らしを始めると、どうしてもつきまとうのが掃除洗濯です。
いつまでも同じ服を着るわけにはいきません。

それに髪の毛は健康な人で1日100本程度は抜けます。
どんどん床に落ちていって、それが大好きなゴキブリがやってきて・・・と悲惨なことに。

結婚をしたら、男性も家事をしなければなりません。

その時にストレスになるかどうかが、ここで決まります。
やり慣れている人なら大して苦にもならないでしょう。

やったこともない人は、「なぜやらなくてはならないのか?」という疑問さえ出てきます。
ですので、一人暮らしで小慣れておくことはとても大切なことです。

他にもどうやったら、茶渋が落とせるのか?
タオルをふわふわにするにはどうしたらよいのか?

掃除や洗濯のライフハックはたくさんネット上に転がっています。
ぜひ、さまざまなやり方で実践していただきたいです。

お金の仕組みがわかる

公共料金の支払いや家賃の支払いなど、暮らすためにはどのようなお金の動きをするのか?わかるようになってきます。
そして、お金の大切さなども考える機会が増えますので、金銭感覚をつかむためにも良いチャンスです。

そして、お金の怖さも一人暮らしで実感できます。

どういう事かというと、だれのアドバイスや意見もありませんので、クレジットやローンを安易に組んでしまいやすいのも一人暮らしの特徴です。

結婚するときには借金だらけだった。。。なんてことがないように、しっかり自己管理する必要があります。
特にクレジットカードのリボ払いは地獄の入り口ですので、注意してくださいね。

精神的に強くなる

上記のお金の面もありますね。
貧乏飯を食べる機会もあるでしょう。
そうすると「あ、生きていけるな」と、どんどん強くなっていきます。

熱が出た時も、空き巣に入られた時も、夜中変な声が聞こえたときも。
そんな経験があなたを強くします。

空き巣は大げさですが、実家暮らしでは到底味わうことの出来ない、サバイバル感ですね。

他には、恋人との別れなども経験すると思います。
大変つらいものではありますが、これは大変貴重なものです。

出会いと別れを経験をして、どんどん大きくなってくのだと思います。
その時に付き合ってくれる友人は、この先の人生、末永く付き合える友になりますしね。
これも一人暮らしですと、実家ではできない「1人で考える」ということができます。

大学生の時にするべき貯金は3割・遊び7割

大学生のときにやるべきこと遊ぶ

貯金はもっと少なく2:8くらいでもいい、私はそう思います。
大学生のうちに使えるお金なんてたかがしれています。

社会人になったらたくさんのお給料をもらえますので、今のうちに使いましょう。
「趣味は貯金です」なんて寂しすぎます。

使い方はしっかり考えるべき

何に使えばよいかというと、意識高い系になってしまいますが「自分に投資できるもの」です。

しかし、これは飲み会だっていいんですよ。
友達と楽しめるなら、十分投資でしょう。
大学時代の友人と社会人になっても仲が良いことは稀です。

お互い仕事が忙しく、なかなか会う時間もありませんので、今この時を大切にしてほしいです。

買い物・語学・趣味。
自分が「楽しい!」と思えるものに投資しましょう。
少しくらい間違った買い物をしてもOK!
後で後悔はするかもしれませんが、いい勉強になりますよ。

大学生のときは男も女も遊んじゃえ

言葉に語弊がありますが、「浮気」はダメですよ。
しかし、いろいろな人と付き合ってください。
社会人になるといろいろなしがらみがあり、なかなか遊べません。
それに確実に出会いが減ります。

勤務先によっては、同性だらけという場合もありますので、ぜひたくさんの人と付き合ってみてください。

さまざまな人と付き合うメリット

知見が広がる

いろんな人と付き合えば、知識が広がりますね。
それに、人の細かい感情まで理解が出来るようになります。
あまりやりすぎると、計算深く「すれた」人間になってしまいますが、それでもそこで得た知識はとても大切な経験値です。

寛容になる

さまざまな考えの人がいるんだという事を理解できれば、多少の事は許すことができます。
いわゆる「大人になった」というヤツですね。
デメリットは、あえて書きませんが「人を傷つける」ことだけはしないでくださいね。

大学生のときにやるべきこと:スポーツをする

社会人になると、まず運動しません。
体を動かす仕事ならまだよいですが、事務仕事など精神はすり減るけど、体は動かさない。
これでは腰が悪くなったり、膝が悪くなったりします。

運動しない人は、する人に比べ病気になるリスクが高いという事はかなり以前から言われていますね。

まだお若いでしょうから気が付きませんが、確実に体は弱ります。
ですので、体が若いうちにしっかり作り上げてください。

大学生の時にやるべきこと:英語・中国語などの語学習得

大学生のときにやるべきこと英語

今からの時代、語学はできなければならないとまでは言いませんが、出来たほうが良いのは確実です。
日本の英語教育システムはあてになりませんから、英会話スクールなどを活用して自分で勉強するしかないのです。

最近、極端に外国人が増えたと思いませんか?
それだけ壁が低くなった証拠です。

昔に比べると下がったとは言え、それでも日本は物価が高いので、外国人から見ると「憧れの国」のような感覚があります。
私の感覚では、現在日本に観光で来ている外国人は、割りとお金を持っている人が多いですね。

しかし日本人は、外へ出ようとしません。
もっともっと英語に対する苦手意識を払拭し、外へ出るべきです。
今、この記事をご覧になっている人は、海外へ行きたいと思っている人も多いでしょう。

社会人になると、勉強している暇はない

TOEFLEの受験者数はアジアTOPの日本ですが、点数はアジア最下位です。
これは英語教育に問題があるとしか言えませんね。

「日本に住んでいるのだから、それで暮らせるし英語なんか必要ない」などという人がいますが、私はそうは思いませんし間違いだと思います。

今、海外に行くと「日本人」ということで優遇されることも多くあります。
全ての国でそうではないのですが、ほとんどの場合です。

例えば中国で家を借りる時など、オーナーは日本人だとわかるととても喜びます。
「滞納がない」「キレイに使ってくれる」「温厚な人柄」ということがわかっているからなんですね。

外国人はこのような印象を持っているのか?

それは、昔の日本人の頑張りがあったからこそです。

私たちは、そういった先人達の頑張りを、今からの子供達に引き継いでもらわなければなりません。
それは現代に生きる、我々の責務です。

今、海外ではこんな印象を持たれています。
「日本人は英語ができないし、臆病だ」
少し言葉に語弊があるかもしれませんが、こんな感じです。

これから、東京オリンピックなどで注目され、どんどん外国人が日本にやってきます。
観光客は2015年12月時点で1900万人を突破し、昨年度の1.4倍と右肩上がりです。

その時に英語ができない日本人ばかりだと、日本はどう思われますか。
昔の人達が築き上げてきたものが、崩れてしまうような気がします。

ここまで英語を推してきましたが、私は日本語が一番の言語だと思っております。
こんなに感情豊かに良い回せる言葉は、他にありません。

それにひらがな・漢字・カタカナが入っていますね。
よく考えたらとても難しい言語です。

わたし・わたくし・僕・俺・うち・オイラ・おいどん・拙者・それがし

まぁ、最後の方は使いませんが、自分を表す言葉がこんなにもあります。
こう考えると外国人に日本語を教える先生はスゴイと思います(笑)

これだけ難しい言語を話せるのですから、英語だって頑張れるんじゃないかなと思います。

中国語には触れませんでしたが、こちらも楽しい言語だと思います。
私は話せませんが、意味は違いますが漢字があるので馴染みやすいでしょう。

特に中国からの観光客は、2015年度で464万人と過去最高で世界トップです。
中国も魅力的な国ですし、これからふれあう機会が多くなるのかなと予想しています。

大学生の時にやるべきこと:旅・旅行

大学生のときにやるべきこと旅

旅行と旅は違う!
という人もいますが、私はどちらでも良いと思います。

旅行には旅行の旅には旅の楽しみがありますから、どちらも良い経験ができると思います。

もちろん日本国内でも海外でもどちらでも構いません。
社会人になると、旅行に行く時間が限られてきます。
バックパックで国内外を旅をするなんて、もってのほかです。

しかし在学中に夏休みなどの長期休みを利用して、行くことは出来ますよね?
これは大学生の特権です。

そして結婚をしたらもっとできません。
パートナーと行くし!とお考えでしょうが、なかなかそうもいかないんですよ。

時間的、金銭的にも難しい問題が出てきますから、ぜひ在学中に行ってみてください。

どこへ行くべきか?

海外へ行くなら、なるべく遠い所をおすすめします。
ヨーロッパやカナダなど、自然もたくさんありますので、おすすめですよ。

日本のすばらしさがわかりますので、発展途上国もおすすめですね。
フィリピンやマレーシアなど、熱帯の気候ですが日本みたいにそこまでジメジメしていません。

雨もスコールだけで、だいたいがすぐやみますので、過ごしやすいです。
暑いのは確かですが。

大学でやるべきこと

今の時代は、枠にはめられやすい社会です。
周りから、いろいろと言われる事も多いでしょう。

しかしですね、そんなことはどうだっていいんです。

悩んでしまって立ち止まることがあれば、一歩、世界へ足を踏み出してみてください。
誰もあなたを見ていません。
本当に、そんなことどうでもよくなりますから、おすすめです。

これからの日本をマネジメントしていくのは、40代以上のオジサンではなく、あなたのようなデジタルネイティブ世代です。
在学中にいろいろな経験をして、ぜひ世界を広げてほしいと思います。

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


大学生のときにやるべきこと

ぜひヒトブロをフォローしてください