賃貸で私がバストイレ別を選ぶ6つの理由

バストイレ別

新しく引っ越しをしようと物件を見ると、バストイレ別の物件は少し高いですよね。
ユニットバスより、なぜ高いか。
それは、これから挙げるおすすめの理由を見ていただくと、納得していただけると思います。

私は一度だけ、ユニットバスの物件に住んだことがあります。
その観点からのおすすめですので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。
ではさっそくいきましょう!

 

やっぱりバストイレ別!お風呂が大好き!

1. トイレのニオイがしない

ここが私が一番うれしかったポイントです。

ユニットバスはトイレを済ませたあとにお風呂に入ろうとすると、トイレのニオイがしていました。
本当に嫌でしたね。

やはりお風呂はいい匂いでなくちゃ!と、改めて思います。

2. トイレットペーパーに水がかからない

紙を取ろうとして「あ・・・もう!」って何回も言いました(笑)

お風呂に入ったあとにトイレに行こうとすると、ペーパーが濡れているのでちぎれるんです。
バストイレ別はそんなことありませんから、安心ですよね。

3. 体を洗うスペースが広い

ビジネスホテルに泊まったことがある人は簡単に想像が付くと思いますが、ユニットバスはトイレがあるので浴槽で体を洗わなくてはなりません。

しかし、バス・トイレ別ですと、トイレがない分体を洗うスペースが広いので、外で体をしっかり洗えます。

4. カビがこない(掃除がしやすい)

ユニットバスはカーテンを閉めて湯船に入るのですが、やはりトイレのタンク裏側などに水滴は付いてしまいます。

それがカビや汚れ、水垢の原因になってしまうんですね。
ですので、トイレの裏側などの掃除が大変だった記憶があります。

5. 湯船にゆっくり入ることができる

これもバストイレ別の特権。
確かにユニットバスでも湯船につかることができますが、カーテンを閉めていると閉塞感がありますし、ゆっくりと入ることが出来ません。

カーテンを開けると目の前に便座があるし・・・
やはり、見た目も大切ですね。

6. お風呂が大好きになる

特に女性はここもポイントが高いのではないでしょうか。
私は本当にお風呂が大好きになりましたし、キャンドルなども入浴中につけています。
いや、私=メンズなんですけどね。

ちなみにバストイレ別の物件もデメリットはあります。

バストイレ別のデメリット

掃除する場所が増える

場所が2箇所になりますので、少し手間が増えます。
しかしユニットバスは、トイレにも水垢が付きやすくなるので、結局掃除する手間はあまりかわらなかった印象です。

家賃が少し高い

これは仕方ないことです。
ユニットバスは安く建築できる分、家賃も安いですし、物件を探しに来る多くの人はバストイレ別を探しますから、おのずと賃料は上がりますよね。

いかがでしたでしょうか?
多少のデメリットはあるものの、実際に住んでみた感想としては完全にバストイレ別に軍配が上がります。
この記事が、これから物件を探す人の参考になればうれしく思います。

ユニットバスの使い方を超細かい手順で説明しています。

ユニットバスの使い方。ヘビーユーザーの私を真似てみて!

2016.01.30

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


バストイレ別

ぜひヒトブロをフォローしてください