朝起きれない人がスルリと起きれる3つの方法

朝が起きれない

朝起きれないという悩みを抱えた方は多いと思います。
こればかりは個人差も生じることなので、一概には言えませんが、起きれないと困るのは間違いないでしょう。

特に一人暮らしは、起こしてくれる人がいませんから、寝坊するとかなり焦ります。

大学や仕事などが朝から始まることを踏まえると無視できない問題ですよね?
そこで今回は朝起きれない人も「飛び跳ねて起きれる3つの方法」というテーマでお送りしていきたいと思います。

なぜ起きれないのか?

方法を探っていくためには原因を特定しなくてはいけませんから、まずはそのメカニズムを理解しておくことが重要になってきます。

この起きれない理由には単純に睡眠不足であることや、生活リズムの乱れなどが主な原因として挙げられます。

睡眠不足であれば、必要な睡眠を体が求めることになりますのでわかりやすいかと思われますが、それに加えて生活リズムの乱れも影響してきますね。

体内時計が機能していない

体内時計がきちんと機能するようになるには、

  • 同じ時間に寝て、同じ時間に起きる
  • 起きたら朝日を浴びる

ということがとても重要になります。

この体内時計がコントロールを失うと朝起きられなくなります。
不規則な生活をしている人は、体内時計が故障すると言われています。

睡眠の質が低い

睡眠の前半に「深い眠りのノンレム睡眠」が出現します。
この睡眠が少ないと疲労感が取れず、必ず朝の目覚めが悪くなります。

枕などの寝具が合っていない

体に合っていないと、睡眠の質が低下します。
特に枕は自分に合ったものを探すのが難しいと言われていますので、早めに合う寝具を探してみてください。

ストレスや寝る直前の行動

スマホの画面を見ていたりすると、寝付きが悪くなります。
日中のストレスも睡眠に影響してきますので、なるべくストレスをためないように心がける必要があります。

食事の時間

寝る前に暴飲暴食していては、快適な眠りはできません。
お腹の中で消化活動が始まると、眠りが浅くなります。
夜の12時に寝るなら、9時までには食事を終わらせておきたいですね。

冬に起きれないのは布団が温かいからではない

冬はいつまでも布団に入っていたいですよね。
起きられない原因は、「冬」という季節に原因があります。

太陽の光が弱い

冬は太陽の光が弱く気温も低いため、日中の運動量も減少します。
体温も高くなりにくいため生体リズムが変化し、眠りの質も低下しやすいんです。
加えて、朝の光が弱いことも原因の1つです。

体温が低い

気温の低い冬は手足などの血行が悪くなりますので、冷え性の人は大変ですよね。
人は、体温が低くなると眠くなり高くなると目覚めてくるという機能を持っています。

気温が低い冬は血行が悪くなりこの仕組みが正常に働かなくなるため、眠りが浅くなり朝目覚めにくくなる、ということなんです。

スルリと起きる3つの方法

朝起きれない人が起きれるようになるには次のような方法が効果的です。

適度な睡眠時間をとる

これは重要なことで、睡眠とはとり過ぎれば良いというものではありませんよね?

例えば、先ほどご紹介したような睡眠時間の不足であれば、体が起きるよりも寝ることを求めるようになります。
このように、寝過ぎてもだるさが残ってしまうので飛び跳ねて起きるというのとは少し違うように感じます。

そこで大切になるのが「適度な睡眠時間」と言われている時間を意図的に設定する方法で、一般的にその時間は7時間が理想とされています。

自分が眠るまでの時間も込みで、おおよそでいいですので7時間を目安に睡眠時間をとるようにするといいですね!

適切な睡眠時間と目覚ましなどを利用することで、確実に目覚めは良くなりますよ。
目覚ましであれば携帯にも機能として備わっていますから、それを活用するのも効果的ですね!

生活リズムを整える

人間が生活していく中では生活リズムというものが存在しており、これは朝起きて夜寝るまでの時間が習慣化されることを意味しています。

例として挙げるなら、朝の7時に起床して夜の12時ぐらいに眠る生活を繰り返すとそれに体はそれに順応していくようになるといった具合ですね。

この場合を例にとると、朝の7時に目が覚める習慣が身に付いている状態ですから、その時間に合わせて目が覚めるように体の方も反応してくれるようになっています。

よって、生活リズムを整えることは言い換えれば体に起きる時間を覚えさせることでもありますから、十分に効果的な方法だと言えるわけなのです。

朝日を浴びるように工夫する

これは生活リズムと共にとり入れていただきたい方法です。

生活リズムは朝日を浴びることでリセットされる仕組みになっていますので、起きる時に朝日を浴びられる状態にしておくと目覚めをサポートしてくれる効果が期待できます。

一番簡単にできるのは窓のカーテンを開けておくことです。
カーテンを開けておけば、朝日を嫌でも浴びることになりますから、簡単でおすすめできる方法の一つです。
もちろん、直射日光でなくても十分効果はありますので、ぜひ試してみてください。

朝が起きれない人

以上が朝起きれない人も飛び跳ねて起きれる3つの方法についてでした。

飛び起きるように起きれる状態にするということは、そうするための理想的な環境を作る必要があるということです。

そのためには生活リズムを整えて理想的な睡眠時間をとりつつ、朝日を浴びる工夫をするのが一番だということになりますね。

これらの良いところは、一度にすべての方法を実践することが可能な点にあります。
生活リズムを整えるのは難しい部分も出てきますが、習慣化する事さえできれば特別に必要な物もありませんので、ぜひ、実践してみてくださいね!

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −

夜、眠れない人によく読まれています。

【眠れない夜】あなたがスッと眠るための8つの方法

2016.01.12

朝が起きれない

ぜひヒトブロをフォローしてください