日焼け止めの使用期限はいつ?古いのは肌に悪い?

日焼け止め使用期限

日差しが気になってくるこの時期に、日焼け止めを塗り始める人も多いと思います。

日焼け止めって中途半端に余りませんか?でも、もったいなくてつい次の年に持ち越しで使ってしまうんですよね。私の手元にも、冬眠させておいた日焼け止めがいくつかあります(笑)

皆さんは日焼け止めの使用期限について、意識せずに使っている人も多いと思います。

使用期限が切れたものは肌に悪いのか?

今回は日焼け止めの使用期限についてご紹介します。

日焼け止めの使用期限

 

実は日焼け止め製品の使用期限に表示の義務はありません。

その為、使用期限が表示されている商品も少なく、私たちが使用期限を認識するということも少ないんですね。

基本的には1シーズンで使い切る

もちろん、使用期限を表示する義務がないというだけで、日焼け止めにも使用期限はあります。

使用期限が表示されていない化粧品に関しては、製造日から3年間が使用期限と法律で定められていますが、開封したものについては各メーカー1シーズンで使い切ることを推奨しています。

タイプ別使用期限目安

★ミルク・ジェルタイプ

未開封三年、開封したもの一年以内

★スプレータイプ

未開封三年、正しく保管管理していれば開封後でも三年
(液状タイプより長持ちする)

※無添加日焼け止めの使用期限は上記より短くなります。

使用期限が書いていないものでも、開封後半年以内に使い切りましょう。

開封後長持ちさせるために

  • 使用する度に容器の口をキレイに拭いて口をしっかり閉める
  • 高温多湿な所には置かず陽の当たらない場所で常温保存(特に直射日光は避けましょう)

古いオイルを使うとどうなる?

 

使用期限の切れた古いオイルは、防腐剤の効果が切れ雑菌が繁殖している可能性があります。

これをつけると肌荒れ以外にも、さまざまな肌トラブルの原因に!
使用期限内だとしても、「匂いがおかしい・分離している」というものは使わずに処分しましょう。

古いものを使い切りたい!という場合は・・

  1. 見た目、匂いに問題はないかを確認
  2. 腕でパッチテスト
  3. パッチテストで問題なければ顔は避け、腕や足に使用

効果的な塗り方は?

  1. 化粧水、美容液などを塗り日焼け止めが馴染みやすい肌にする
  2. 日焼け止めは一円玉程の大きさで手の甲に出し「額・両頬・鼻・あご」の五点にのせ、伸ばす。
  3. 顔の中心から外に広げるように丁寧に伸ばし顔全体に広げる。
  4. 伸ばし終わったら再度手の甲に日焼け止めを出し先ほどと同じ手順で塗っていく
  5. 特に顔の高い部分、鼻・頬は日焼けしやすいので念入りに塗る

☆ポイント

一度にベタ!っと塗るのではなく、二度塗りすることでムラなく綺麗に塗ることができます。体に塗る際は首の後ろ・足の甲・耳も忘れないようにしましょう。

肩を出す服装、髪をまとめ首筋・耳を出す、サンダルをはく場合は注意して、紫外線が多い時期を乗り切りましょうね。

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


日焼け止め使用期限

ぜひヒトブロをフォローしてください