一人暮らしにアイロン台は必要ない!代用できる方法を伝授!

アイロン台は必要ない

こんにちはAiです。

アイロン台は必要なのか…?昔から議論されてきた問題です。

大人になり身だしなみをチェックされるようになると、シワが付いた服は着ることができないですよね。そこで必要になるのが、ピンと服のシワを伸ばしてくれるアイロンです。

でも、その時に使うアイロン台って場所を取る存在ですよね。

わざわざアイロン台を出すのが面倒で、アイロンがけをあまりしない人も中にはいるのではないでしょうか。…私がその一人です(笑)中にはアイロン台を持っていない強者もいるようですが…

今回は出すのが面倒なアイロン台の代用となるアイテムを紹介していきます。もう、アイロン台を無理して買う必要はないかもしれませんよ。

アイロン台は不要なのか

アイロン台があればキレイに仕上がり便利ですが、絶対に必要かというとそうでもありません。

毎日使うなら必要

実際には買っても出すのが面倒で、最初しか使わず場所だけ取っているという場合もありますし、アイロンの使用頻度にも左右されます。

もちろん、アイロンの使用頻度が高ければアイロン台はあったほうがいいです。
毎日使うのなら、いちいち代用の台を作るほうが面倒ですしね(笑)

  • たまにしか使わない
  • 部屋が狭い
  • 必要最低限のものしか置きたくない
  • ミニマリストである

このような人は無理して買う必要はないでしょう。

アイロン台は身近なもので代用できる

アイロン台が無くても、家にあるもので代用できるので、ご紹介していきますね。

木綿の座布団

化繊綿ではダメですよ!化学繊維の上でアイロンをかけると生地が溶け火事につながることも。

ウールの毛布に清潔な綿のシーツをかける

使った後は、毛布とシーツが水分を含んでいるので、しっかり干してしまいましょう。でないと、カビの原因となってしまいます。

机、段ボールの上にバスタオルをかける

机が傷まないように厚みのあるバスタオルを使います。

新聞紙の上にバスタオル、またはTシャツをかける

Tシャツを使う時は綿100%か確認をしてください。そしてアイロン台の代用にするバスタオルやシャツなどは、汚れがついていないキレイなものを使いましょう。

下に敷くものが汚れていると、アイロンがけで汚れが移ってしまいます。熱で移った汚れは落とすのが難しいので注意が必要です。

次世代のアイロン台?アイロンマット登場!

場所を取るイメージのあるアイロン台ですが、折りたためる「アイロンマット」という、とてもコンパクトな商品も登場しています。

アイロンマットは、バスタオル程の厚さで簡単に折り畳んで収納ができます。

お値段も1000円~とそこまで高くないので試してみる価値あり!その他にもアイロンマットが、アイロンを入れるバッグ状になるという面白いものもあります。

自分の生活スタイルに合わせて、必要なのか代用品で十分なのかを決めるといいですね。

一 人 暮 ら し を 幸 せ に す る − ヒ ト ブ ロ −


アイロン台は必要ない

ぜひヒトブロをフォローしてください